×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

ご飯と一緒に食べるカレーもいいが、寒い時期の「カレー料理」には、鍋やポトフ、煮込みにおでんとまだまだメニューが盛りだくさん。もちろん、どれも熱々、うまうま!今度の週末は、どこのカレーで頬っぺを落としながら、寒さを吹き飛ばしますか?

【鍋】

『Curry House カリー座』 @駒沢大学

カレー鍋でゆるゆる過ごして孤高のひと時

三軒茶屋のシェアレストラン時代から評判の店がついに独立店舗を構えた。場所は駒沢公園の真ん前、絶好のロケーション!カレー&つまみ&クラフトビール類を楽しめるスタイルなのだが、冬のオススメならカシミールカレーのひとり鍋だ。

カシミール(鍋) 1200円 ※秋冬夜限定

『Curry House カリー座』カシミール(鍋) 1200円 ※秋冬夜限定 辛さの調整も可

着鍋すれば快楽の始まり始まり〜。じわじわと煮込まれていく様子を眺めてつまんでさあ一杯、最高だねえ。具材が和なので、和の要素のアゴダシを使って全体の調和を考えたそう。〆にはチーズのリゾットも。昇天です。

『Curry House カリー座』

[住所]東京都世田谷区駒沢4-12-22 ティファーレ駒沢2階
[電話]090-6140-7315
[営業時間]11時~16時、18時~22時、土日祝11時~21時 ※月は昼のみ営業
[休日]無休(臨時休業あり)
[交通]東急田園都市線駒沢大学駅駒沢公園口から徒歩10分

『香食楽(カクラ) 薬膳&薬酒』 @中目黒

体にやさしくほっとする旨さの薬膳カレー鍋

薬膳カレーが名物の同店は、鍋も薬膳仕様だ。国際中医薬膳師の資格を持つ店主が、効能と味のバランスを考え作った薬膳スープにラム肉をしゃぶしゃぶ。そして黒い薬膳カレーソースを絡めて食べる。

薬膳ラム鍋コース 4800円

『香食楽(カクラ) 薬膳&薬酒』薬膳ラム鍋コース 4800円 鍋にはキャベツ、きくらげ、きのこなど具材も豊富

生薬や香辛料の香りにラム、つけダレの甘みあるカレーの相性が抜群。しかもラムの旨みが溶け出したスープがおいしいこと!琥珀色の鶏ガラスープがハーブ、スパイス、生薬を抱いて、旨みと共にその効能を体中に届けてくれる。あぁ〜ほっと美味鍋なり。

『香食楽(カクラ) 薬膳&薬酒』

[住所]東京都目黒区上目黒2-42-13
[電話]03-6303-0236
[営業時間]12時〜22時(21時半LO)、月・祝は12時〜17時(16時半LO、※変動あり)
[休日]火・水
[交通]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅南改札から徒歩7分

『相撲茶屋 寺尾』 @両国

和ダシ使用のあっさり味。〆までしっかり旨い

昼は定食として、夜は単体で楽しめるちゃんこ鍋が4種。醤油、塩、味噌、そしてリピーターが多い、このカレー味だ。カツオ節と昆布のダシにカレーを加えたあっさり味。だからこそキャベツなど野菜の甘み、合い挽き肉のミンチや豚バラ肉の旨みがしっかりと感じられ、しみじみと旨い。

サービスちゃんこ鍋(カレー) 1100円(ランチ限定)

『相撲茶屋 寺尾』サービスちゃんこ鍋(カレー) 1100円(ランチ限定) カレー味はキャベツ、しょうゆは鶏ガラダシに白菜と、味によってダシと具材を変える

スープも全部飲んでしまいたいが、ちょっと“待った”。雑炊、うどん、中華麺と選べる〆も必食の味。元大相撲力士・寺尾氏の長男がオーナーだが、このちゃんこ鍋は、最後に何も“残った”とはならないおいしさだ。

『相撲茶屋 寺尾』

[住所]東京都墨田区両国2-16-5 アヅマビル1階
[電話]03-5600-1466
[営業時間]11時半〜13時半(要予約)、17時〜22時(21時15分LO)
[休日]月(1月、5月、9月の場所中、12月中は無休)
[交通]JR総武線両国駅西口から徒歩3分

次のページ
『ポトフ料理 ジョワ』 @新宿御苑前...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…