MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
米好きのみなさま、お待たせしました!ご飯もの三ツ星店4店をご紹介【カレー編】

米好きのみなさま、お待たせしました!ご飯もの三ツ星店4店をご紹介【カレー編】

丼、酒場のもつめしからオムライス、カレーまで! 米好きのみなさま、お待たせしました!ここでは、丼、洋食、カレーといったご飯ものの三ツ星店をご紹介。今回はカレー編!リーズナブルな価格が多いジャンルなので、思い立ったらすぐ食べに行ける店ばかりですよ。

perm_media 《画像ギャラリー》米好きのみなさま、お待たせしました!ご飯もの三ツ星店4店をご紹介【カレー編】の画像をチェック! navigate_next

【カレー★★★】ダルマ・サーガラ(最寄駅:東銀座駅)

ライター・いからしひろきイチオシ!
「美味しくて体にも優しい疲れた時のかかりつけ食堂」

『ダルマ・サーガラ』のミールスBセット(ベジタリアン) 2000円

こってり油分の多い北インド式に対して、さっぱりと油分控えめの南インド式カレーは食欲がない時でもサラサラっとイケる。特に10種類以上のハーブとスパイスを使った「ラッサム」は滋養スープ。タマリンドの酸味が食欲をそそる。定食の“ミールズ”にすれば野菜もたくさん摂れるのでビタミン補給にうってつけ。そして、辛さが後からくるのも南インド料理の特徴。店を出る時には体じゅうポッカポカで、風邪なんぞ吹き飛んでいる、というわけなのだ。

【カレー★★★】カッチャル バッチャル(最寄駅:新大塚駅)

ライター・菜々山いく子イチオシ!
「日本人によるスパイス料理超人気店の名はダテじゃない!」

『カッチャル バッチャル』の北インド地方の野菜カレー 1000円

カレーをはじめとした料理はすべて、メインとなる具材に合わせ、スパイスを巧みに配合していく。どの皿からもむやみに主張したスパイス感や辛さではなく、スパイスによって引き出された、それぞれの食材自体の魅力が舌に伝わってくる。それが繊細な日本人の味覚によく合うのだ。また、写真の「チーズクルチャ」や「海老の香味焼き」をはじめ、つまみになるメニューも多く揃えているのも酒好きの私にはたまらない。

【カレー★★★】ヴェヌス サウスインディアン ダイニング(最寄駅:錦糸町駅)

編集・和賀かなイチオシ!
「スパイスの香り高さと奥深いコクがあとを引く」

なかでも絶品なのが「チキンウプカレー」。強過ぎずマイルドで食べやすく、それでいてスパイスの香り高さと奥深いコクがあと引く。 ビリヤニもまたスパイス感がいい。口に含むほどに噛むほどに、さまざまな香りが駆け巡る。ここのお米料理は見事に軽いのも特長。炒めご飯でもフワッパラッとしている。 これまでスパイス信奉者から引きも切らない人気店を築き上げた経歴を持つシェフ・ヴェヌゴパール氏がホテルで高級料理を作らず敢えて家庭料理を作るのも魅力だ。

【カレー★★★】ナイアガラ(最寄駅:祐天寺駅)

編集・武内慎司イチオシ!
「学生時代から自分へのご褒美はこのカツカレーと決めています」

『ナイアガラ』のカツカレー超特急ゆで卵のせ 1320円

カレーが好き。超辛口が好き。で、とんかつも好き。なのでカツカレーは大好物。そんな僕が学生時代から何かいいこと−彼女ができる、仕事で褒められるなど−があると、自分へのご褒美として食べに行くのがここのカツカレー。超特急は中辛の50倍の辛さだが、スパイスに比例して野菜、果実もたっぷり入るので、まろやかな甘み後辛いという、理想の味。カツもカツ丼に向いた脂が少な目のものをサックリ揚げるのでカレーの邪魔をしない。けど存在感大という魅惑の逸品。学生時代から数え100食以上食べたが、この先も同じくらい食べるのは間違いない。毎日いいことないかなあ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル