SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

今年の大河ドラマの主人公は、徳川家康。その家康が75年の生涯で約40年過ごしたのが静岡。山と海に恵まれた食材の宝庫です。そんな今注目の”食の街”に突撃!家康公ゆかりの浜松と静岡(駅周辺)で、地元が誇るうまいもんを食べ尽くしてきました!今回は”出世の街”と呼ばれる浜松です。浜松は、名物・特産が数多くあります。代表的なところでいえば、街で愛される「うなぎ」に、全国区の知名度を誇る「餃子」。新たに注目を集めそうな浜松の煎茶に、あのお菓子まで。浜松といえば!の厳選グルメをご紹介します。

【家康が天下取りの第一歩を踏み出した“出世の街”】

今川家から独立し、遠江を平定。岡崎城から引間城に移って城を拡大する際、浜松城と改め、入城を果たした家康。このとき齢29。ここから17年、天下統一の基盤を浜松で築いた。「三方ヶ原の戦い」で生涯最大といわれる敗戦を経験。

浜松は、家康が天下取りの第一歩を踏み出した“出世の街”と呼ばれている

その後、武田家を滅亡に追い込み、織田信長はこの世を去った。秀吉の家来になり、岡崎城へ帰還後、浜松城を受け継いだ城主の多くが江戸幕府の要職に就いた。「出世城」と呼ばれた名残か、浜松は今も“出世の街”と呼ばれている。

【うなぎ】
浜松の名物と言えば真っ先に上がるのが浜名湖のうなぎだ。浜名湖は「うなぎ養殖発祥の地」でもある。水がよく、餌に恵まれたうなぎは、ふっくらしつつも身が締まって脂のノリがいいのが自慢。うなぎの焼き方には関西風と関東風があるが、浜松は東西の境目。両方が混在していて、どちらも味わえるというのも面白い。

『かねりん』 @高塚

焼き目の美しいうなぎから力強い旨みが押し寄せる

熱々のご飯にのったうなぎは炭火で焼かれてふっくらと香ばしく、力強い旨みにあふれている。美しい照りと焼き目を見せるタレは3回つけて焼く。創業100年。うなぎは浜名湖産や三河一色産、季節ごとに上質なものを選び、今は5代目の袴田裕太郎さんがうちわで備長炭を操りながら、勢いよく焼き上げていく。

うな重(上) 4910円(きも吸付き)

『かねりん』うな重(上) 4910円(きも吸付き)外は香ばしく中はふっくら、熱々のご飯とタレ、すべて一体となって口の中に旨さが広がる

蒸しは“ちょい蒸し”だというが中までふんわり。熱々を頬張れば、鼻腔に香りが広がり、その後にうなぎの旨みが押し寄せてくる。店内は品よく落ち着いた佇まいで、緑あふれる中庭の景色も印象的。混み具合で早仕舞いもあるので電話で確認してから向かいたい。

『かねりん』

[住所]静岡県浜松市西区入野町731
[電話]053-448-9335
[営業時間]11時〜13時45分LO、17時〜20時LO ※混雑状況で早まる場合あり
[休日]水、第3火
[交通]JR東海道本線浜松駅南口から車で12分

『うなぎ料理 あつみ』 @浜松駅

伝統を継ぎ うなぎの風味がじわり伝わる旨さ

明治40年創業の老舗の佇まい。うなぎは浜名湖産のみを使い、「素焼きの段階で1匹1匹個性を見極めて」焼くという。しっかりと厚みのあるうなぎは、香ばしく、備長炭で中までとろりと焼き上げられている。旨みの強いタレがさらに風味を引き立てバランスも抜群。岩塩とスパイスで白焼きをいただく「香味焼き」も素晴らしいのでぜひ。

上重 5950円

『うなぎ料理 あつみ』上重 5950円

[住所]静岡県浜松市中区千歳町70
[電話]053-455-1460
[営業時間]11時半〜13時半LO、17時15分〜19時半LO
[休日]火・水
[交通]JR浜松駅北口から徒歩6分

【餃子】
宇都宮市、近年頭角を現してきた宮崎市とともに、1世帯当たりの餃子年間支出額日本一を競う3強の一角が浜松市。市内を歩けば餃子屋の多さにすぐに気づくはずだ。フライパンで焼くために丸く並べられ、餡は野菜多めで軽くてジューシーなのが特徴とも言われるが、食べ歩けばさまざま。お気に入りを見つけたい。

『鍋貼強子 きよ』 @鴨江

抜群のバランスで口にあふれ出す旨みと香りと甘み

赤地の暖簾と提灯に灯がともると、待ちかねたように次々とお客さんが訪れる。今年で63年目になる知る人ぞ知る餃子店。元祖浜松餃子の声にも、「形だけの名前」と名乗るのはよしとせず。ひと口食べればわかるが、進化させ続けてきた旨さに自信があるからだ。

ぎょうざ大 1200円

『鍋貼強子 きよ』ぎょうざ大 1200円 ニンニクは甘くてえぐみのない福地ホワイト6片、キャベツはその時季一番おいしい産地、豚肉の挽き具合まで……こだわりは尽きない

パリリと焼き目がついて香ばしい薄皮の中の餡は肉4、野菜6で味が濃い。ニンニクも効いてるが甘くてジューシー。口の中に旨さがあふれ出すだけじゃなく、後から野菜の甘みもじゅわじゅわ。焼き油はもちろん、1年中産地を追うキャベツ、青森田子町産のニンニクと素材にも一切妥協なし。ビールが止まらないこと必至!

『鍋貼強子 きよ』

[住所]静岡県浜松市中区鴨江1-33-5
[電話]053-454-1931
[営業時間]17時〜21時 ※材料なくなり次第終了
[休日]火・水
[交通]JR東海道本線ほか浜松駅からバスで鴨江観音下車、徒歩3分

『喜慕里(きぼり)』 @高塚

海鮮餃子も◎パリリと焼けていくらでもいける

市街から離れた、昭和レトロ感満載でカウンター中心のお店。手作り感がどこか懐かしい餃子は薄皮でパリッと焼かれ、15個780円とリーズナブル。キャベツがたっぷりでむにゅっとした餡はやさしい味わいで、いくらでも食べられる。さらに見逃せないのが海鮮餃子。エビ、イカ、カニ入りと3種あって、その風味がシンプルにおいしい。

ぎょうざエビ入 中 900円

『喜慕里(きぼり)』ぎょうざエビ入 中 900円
『喜慕里(きぼり)』

[住所]静岡県浜松市南区増楽町563-3
[電話]053-447-5737
[営業時間]11時半〜14時20分最終入店、16時半〜20時50分最終入店
[休日]木、第3水
[交通]JR東海道本線高塚駅南口から徒歩10分

次のページ
『浜松のお茶屋 茶ッ葉屋』 @西塚町...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…