MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
撮り鉄の「食」の思い出(19) ミレニアムなローカル線、SL人吉の肥薩線で駅弁三昧(到着編)/2009年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(19) ミレニアムなローカル線、SL人吉の肥薩線で駅弁三昧(到着編)/2009年~2017年

大正時代に生まれた機関車に牽かれたSL人吉。終点の人吉駅でホームに降りると、まず出迎えてくれるのが、今では全国でも数えるほどしかない駅弁の立ち売りです。「あゆずし~~っ! くりめし~~っ!」の声で駅弁を売る菖蒲さんは鉄道ファンや旅好きのなかでは、かなりの有名人です。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(19) ミレニアムなローカル線、SL人吉の肥薩線で駅弁三昧(到着編)/2009年~2017年の画像をチェック! navigate_next

ミレニアムなローカル線、SL人吉が走る肥薩線で駅弁三昧(到着編)/2009年~2017年


大正時代に生まれた機関車に牽かれたSL人吉、列車名にもなっている人吉駅に到着です。

球磨川の流れと煙を車窓に見ながら旅を続けて、町中に入ると終点人吉駅が近づきます。

人吉駅は、元々鹿児島本線だった肥薩線の交通の要所でした。

湯前線(現在のくま川鉄道)との分岐駅で、鹿児島に向かって県境の山を越えるための機関車の基地にもなっていました。

そんなわけで、今でも広い構内をもった歴史を感じる駅です。



人吉駅でホームに降りると、まず出迎えてくれるのが、今では全国でも数えるほどしかない駅弁の立ち売りです。

「あゆずし~~っ! くりめし~~っ!」の声がするほうを見ると、にこやかに立ち売りをしている姿が!

[いまや、この人が名物ともいえる、人吉駅の立ち売り、菖蒲さん]


この方、菖蒲さんは鉄道ファンや旅好きのなかでは、かなりの有名人です。

写真撮影もばっちり受けてもらえるし、並んで記念写真を撮る人で、列ができることもあります。

列車が出発するときには、見えなくなるまで手を振る姿が感動的です。

駅弁のお店は駅前にあるのですが、やっぱり人吉の駅弁は菖蒲さんから買いたくなります。

ところでこの菖蒲さん、私はここ10年で30回以上人吉駅を訪れているのですが、お休みだったことがありません。

いったいいつ休んでいるんでしょうか?

謎です。

もしも人吉駅で菖蒲さんに会えなかったら、よっぽどツイていないと思って、あきらめてください……。

駅弁大会などの催しで、ときどき各地に行かれるときもあるようです。


[定番の鮎ずし、酢でしめた鮎が爽やかな駅弁]


さて、購入した駅弁。

定番ひとつめは、球磨川名物ということで『鮎ずし』です。

味わいの強い酢めしの上に、開いて酢でしめた鮎がど~んと乗っています。

シンプルかつ贅沢な外観です。

ほろっと崩れる鮎の身と、酢めしを合わせて食べればもう最高。

SLに乗って窓から見た球磨川が浮かんでくるよう。

シンプルながら食べ飽きずに、最後まで楽しめる弁当です。

[もうひとつの定番栗めし、甘めの味付けで山あいの味を堪能できる駅弁]


定番のふたつめは『栗めし』。

切り干し大根の入った混ぜご飯に、大きな栗がごろごろ。

山菜などとともに並んでいます。

ものすごくいい意味で”田舎のごちそう”。

栗はもちろん、全体の味付けが甘めなところもすごくいいです。


『鮎ずし』の緑の青竹風弁当箱、『栗めし』の栗型の赤い弁当箱。

どちらも昭和のころから変わっていない形で、レトロ感も大好きです。

やっぱり良いものは残るんでしょうね。


[山菜かしわめし、くまもんの駅弁箱がかわいくて、有頭エビが大迫力の駅弁]



最後は、比較的最近登場した『山菜かしわめし』。

こちらは、立ち売りでは売っていないこともあるので、駅前のお店で買いました。

弁当箱が、熊本の人気者くまモンです。

鮎か栗か迷いながら店に行ったのですが、ついつい弁当箱にやられてしまいました。


フタを開けると、箱の色に負けず彩り鮮やか。

鶏肉のそぼろがぎっしり敷き詰められたご飯の上に、有頭エビがど~ん!

蛸の甘辛煮がど~ん!

卵焼きや、かまぼこも賑やかです。

揚げ物は、サツマイモとニンジンが入った、やや甘めのもの。

人吉は鹿児島県との県境にも近いためでしょうか。

鹿児島郷土料理の“がね”だと思います。

こちらの弁当も、なかなか満足。

やっぱり、肥薩線は駅弁を楽しむのに最高の路線です。

駅弁に満足したら、私が大好きな蒸気機関車と車庫のお話です!


満腹になったところで、人吉駅まで乗ってきたSLを見に行きます。


人吉駅内には、明治44年に作られた石造りの車庫があります。

[2016年までは屋根がついていて 、石造りの車庫があまりよく見えなかった(2009年撮影)]




近年は、この車庫の前後に延長した屋根や車庫があったために、あまりよく見えなかったのですが、2017年に建設当時の姿に復元されました。



[現在の車庫。(写真のように機関車に近づいて見るためにはツアーに事前予約が必要)]



復元後の車庫はすっきりとしていて、建設当時の姿がよくわかります。

3連アーチ型の石造り車庫は、SLによく似合います。

[明治時代の車庫に大正時代の機関車。ものすごい風景だ]



午後の出発時間が近づくと、ターンテーブルに乗って機関車の向きを変えます。

これは、すぐ近くで見られる、マニアでなくてもお楽しみのイベントです。

[機関車を載せ、ぐるっと回って帰りの準備をするターンテーブル]


機関車が回ると、なんだか楽しい。

ターンテーブルは、タイミングさえ合えば、誰でも予約なしで見ることができます。


鉄道風景も駅弁も、懐かしさあふれる肥薩線の旅でした。





佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。



 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
佐々倉実@おとなの週末

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル