SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

フリーライター白石あづささんが、街の美術館では見かけないけれど、未来に残したいコレクションを紹介する、本誌人気連載『奇天烈ミュージアム』。6月15日発売号の第23回は、ほのぼの可愛すぎる!埼玉県志木市に増えている河童の石像「イロハ河童」の世界を探ります。

埼玉県志木市は河童の街?

志木駅では招き猫ならぬ「まねきがっぱ」が出迎え、街には一家団欒中の河童ファミリーに、逆立ちする河童の石像。埼玉県志木市には、河童の石像が多くあるらしいのです。

これらは、地元石材店の4代目が30年彫り続けているもの。やや怖いイメージもある河童ですが、志木にいる河童の石像は、みんなほのぼの愛くるしい!

志木駅構内で人々を出迎える「まねきがっぱ」
こちらは、河童ファミリーが勢ぞろい!子河童(右)を迎えに来た、父河童(奥)と母河童(手前)、という設定です
空を飛んでいる…のではなく、水中を泳いでいます
逆立ち河童は最新作!

社長は息子に譲ったものの、職人としては今も現役という4代目。河童を彫り始めた背景に迫ると、4代目の人生や、ほのぼの可愛い河童に込められた思いが見えてきたのでした。

『おとなの週末2023年7月号』は6月15日(木)発売!

「イロハ河童」の世界、その全貌はぜひ本誌で!

おとなの週末2023年7月号
icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…