SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

石原裕次郎さんとゆかりの深い 「赤坂エクセルホテル東急」 が企画した「石原裕次郎さんメモリアルフェア2023」では、命日にあたる7月17日に「石原軍団の炊き出しカレー」 が限定で提供されるほか、同日まで裕次郎さんが愛したカクテルも提供されます。ファンには見逃せないこのイベントについてお伝えいたします。

石原裕次郎さんと赤坂エクセルホテル東急

2023年の7月17日は名優・石原裕次郎さんの三十七回忌です。兄・慎太郎さんの小説が原作となった映画「太陽の季節」でデビュー後、昭和の映画スターとして一時代を築きました。刑事ドラマの名作「太陽にほえろ!」「大都会」「西部警察」では上司役として、個性ある刑事たちを包容力でまとめる姿が印象的です。

歌手としても「夜霧よ今夜もありがとう」「俺は待ってるぜ(同名の映画もヒット)」など多くの名曲も残しました。その活躍はパフォーマーとしてだけではありません。「石原軍団」の愛称で親しまれた石原プロモーション(2021年に解散)の代表として、ドラマ内で描かれた「ボス」のような人間性で人を惹き付け、多くの俳優を育成、輩出したことも語らずにはいられません。

軍団は解散してしまいましたが、裕次郎さんから渡哲也さん、舘ひろしさんへとそのイズムは確実に継承されています。

そんな裕次郎さんが愛した「赤坂エクセルホテル東急」が2023年8月31日のチェックアウトおよび朝食をもって営業終了します。赤坂という土地柄、多くの著名人がこのホテルを利用していましたが、裕次郎さんもそのひとり。

赤坂エクセルホテル東急が1969年「赤坂東急ホテル」として開業してから53年(2002年にブランド再編成により改称)。石原裕次郎さんは開業翌年頃からホテルを利用していたといいます。

赤坂エクセルホテル東急

特に当時14階にあったメインバー「バー・マルコポーロ」と「バー・ゴンドラ」のバーテンダーや「グリル・ゴンドラ」シェフとの親交を深めていたといいます。「『ブルドッグ』やボトルキープもされていた『レミーマルタン』をお召しあがりになり、バーテンダーがその足音だけで分かるほど裕次郎さんにご利用いただきました」(ホテル公式リリースより)

バーのメニューとして誕生した「クロスオーバー・ラブ」と「ロンリーナイト・ロンリーウェイ」という2つのオリジナルカクテルは裕次郎さんのシングルレコードのタイトルであり、「クロスオーバー・ラブ」については、裕次郎さん本人が命名。ホテルと石原裕次郎さんの想い出のカクテルは、モクテル(ノンアルコールカクテル)でもいただけます。

裕次郎さんが初めて来館した際にバーテンダーとしてサービスを担当した田中俊一さんとは縁が深かったそうで、途中、レストランへ異動してからも裕次郎さんが信頼を寄せるスタッフの一人として裕次郎さんをアテンドしていたといいます。

田中さんはホテルを退職後の2001年、赤坂2丁目に「Yu’s BAR」をオープンします。この店名は裕次郎さんの妻・石原まき子夫人によって名付けられ、多くの裕次郎さんファンが集まる店として大変賑わっていたそうです。2018年に惜しまれながらも閉店しましたが、田中さんは現在も裕次郎さんの墓前へのお参りやまき子夫人との交流を続けています。

次のページ
石原軍団と言えば炊き出し!思い出のカレーを限定提供...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 山本
おとなの週末Web編集部 山本

おとなの週末Web編集部 山本

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…