MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[壺中天] 春巻きのグルメ記事と写真(中華/青葉台)

[壺中天] 春巻きのグルメ記事と写真(中華/青葉台)

[壺中天(こちゅうてん)]のいわゆる“町中華”とは異なる店の佇まいに「違うんじゃない?」と思うなかれ。そのリーズナブルな価格と親しみやすさは紛う事なき町中華。昼夜、青葉台近隣住民でいっぱいになる“住宅街中華”だ。[交通アクセス]は東急田園都市線青葉台駅から徒歩15分

perm_media 《画像ギャラリー》[壺中天] 春巻きのグルメ記事と写真(中華/青葉台)の画像をチェック! navigate_next

壺中天(最寄駅:青葉台駅)

軽やかながら、強い存在感のある「春巻き」はリーズナブルな価格!

昼夜、近隣住民でいっぱいになる“住宅街中華”だ。 春巻きの盛り合わせはこの夏登場したばかり。食べやすい太さに巻かれた春巻きをひと口かじれば、薄皮のパリパリ感と香ばしさに、いきなりノックアウト。中に詰まっているエビや白身魚、豚肉の存在感にも圧倒される。五香粉を混ぜた塩で頂けば、その味わいはさらに奥深さを増していく。軽やかなのにいつまでも余韻が続く、春巻きの傑作だ。

春巻き3種盛り合わせ
750円

手前から「白身魚と香味野菜の春巻」「海老春巻」、「春巻」(単品メニューもあり。480円~)

蒸し点心6種盛り合わせ
840円

その日お薦めの蒸し点心が盛られる人気メニュー。この日は、小龍包、カニ爪しゅうまいなど

伽哩パイコー飯
980円

香ばしいパイコー(揚げた豚肩ロース)がどーんとのり、程よい辛さのカレーとご飯と抜群の相性。ボリューム満点のひと皿

台湾産を中心とした中国茶も本場の茶器で堪能できる。(凍頂ウーロン茶500円~)

壺中天

[住所]神奈川県横浜市青葉区桂台1-5-18 [TEL]045-963-0625 [営業時間]11時半~14時半、17時~20時半(LO)※14時半~17時は飲茶タイム ※ランチタイム有  [休日]木 [席]1Fテーブル24席2F30席までの宴会対応 全席禁煙 予約可/カード可/サなし [交通アクセス]東急田園都市線青葉台駅から徒歩15分

電話番号 045-963-0625
2017年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル