SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

ムシッと暑い日本の夏。この時期は、同じく湿度高めな各国の“アジアめし”が、なんだか妙に体に効く。ぜひ家でも楽しみたい!ということで、雑誌・広告等で幅広く活躍しているフードコーディネーター・タカハシユキさんに、手軽なアジアめしレシピを教わった。今回は”たれ系アジアめし”のつくり方4種をご紹介!

「アジア、エスニック、というと材料の想像がつかない人も多いと思うけれど、実は普段からおなじみの食材に、ポイントとなる本場の調味料や食材をちょい足しすれば、かなり本格的な味わいになるんです」とタカハシさん。たとえば調味料なら、ヌクマムやナンプラーというベトナムやタイの魚醤。これをほんの少し加えるだけで旨みが倍増し、いかにもな風味がブワッと広がる。

また、これらはいずれかで代用可能だというから、どちらかを持っていればアジアめし作りには便利なアイテムだ。食材では、レモングラスやハーブ類がたくさん登場するが、最近は乾燥レモングラスも手に入りやすくなっているし、ハーブもお好みで日本の香味野菜(大葉やセリ、春菊など)に換えてもいいという。

「まずは身近な食材でも簡単に“らしさ”が出せることを実感してみてください。〈たれ系〉は使い回しもきくので、いろいろオリジナルアレンジも楽しんでみて!」

かけるだけでアジアン『ヌクマムだれ』(ベトナム風)

魚醤に砂糖と酢、刻み唐辛子を加えただけとは思えない、複雑な旨みが特徴。ヌクマムはベトナムの、ナンプラーはタイの魚醤で、どちらでも代用可。これひとつで一気にアジアな風味を楽しめる!

ヌクマムだれで作るレシピ2種『ブン・チャー』『キュウリとパクチーの和え物』

【材料/作りやすい分量】
・砂糖……大さじ1と1/3
・ナンプラー……大さじ1と1/3強
・酢……大さじ2
・生赤唐辛子(小口切り)……1本分 ※乾燥の場合は水でもどす

【作り方】
すべての材料を混ぜ合わせる。

【ヌクマムだれを使ったレシピ2種】

『ブン・チャー』

米麺を、ヌクマムだれでつけ麺のようにしていただくアジア麺は、添えたおかずの豚肉(ちなみに現地では肉団子も入る)や、生野菜とともにワシワシといただく。麺は素麺や稲庭うどんなどに変えてもOK!

【材料/2人前】
・豚ロース肉(しょうが焼き用)……150g
A- ニンニク(みじん)……1/2片
A- ナンプラー……小さじ1
A- 玉ネギ(みじん)……大さじ1
A- はちみつ……小さじ1
A- 胡椒……少々
A- 塩……少々
・好みの油……適量
・ブン(米麺)……80g
・ブン用のつけだれ……右下の「ヌクマムだれ」全量+水180ml
・生野菜(もやし、ミントの葉、バジルの葉、パクチー、サラダ菜、ニンジンのせん切りなど)……適量
・ピーナッツ(砕いたもの)…適量

【作り方】
1.豚ロース肉は食べやすい大きさに切り、Aをまぶして10分ほど置く。ブン用のつけだれを混ぜ合わせる。

2.ブンは水に10分ほど浸け、多めの湯で2〜3分茹でて流水で洗う(※メーカーの表示通りの茹で方で茹でる)。食べやすい長さに切る。

3.フライパンを熱して油を敷き、1の肉を両面ともこんがりと焼く。

4.器に3の焼いた豚肉、2のブン、生野菜を添え、ピーナッツを散らす。小皿につけだれを入れて添える。

『キュウリとパクチーの和え物』

シンプルな食材ながら、ヌクマムだれ効果で“いかにも”な味わいの和え物に。ミントの爽やかさが、後味を甘ったるく感じさせない密かなポイント。漬けてすぐに食べても、1~2時間後のシミシミ状態でも美味

【材料/2人前】
・キュウリ……2本
・茹でエビ……4尾
・パクチー……1束
・ミントの葉……ひとつかみ
・ニンジン……1cm
・ヌクマムだれ……レシピ全量
・塩……少々

【作り方】
1.キュウリは塩で軽くこすって洗い、ピーラーで四方の皮を削る。ヘタをとって斜め7mm幅ぐらいに切る。茹でエビは殻をむき、食べやすい大きさに切る。ニンジンは好みの形にスライスする。パクチーは刻んでおく。

2.ボウルに1の野菜とエビ、ミントを入れてヌクマムダレを混ぜ合わせる。すぐに食べられるが、時間が経っても味が染み込んで美味しい。

次のページ
爽やか&ピリ辛!『フレッシュサンバルソース~サンバルマタ~』...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…