MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
町中華で、飲む。東京都内の町中華おすすめ3軒

町中華で、飲む。東京都内の町中華おすすめ3軒

瓶ビールが似合う町中華。いやビール以外も合うんです! ということで、飲みがどうにも進んでしまう町中華厳選3軒。ちなみに〆のメシでも、また飲めます。

perm_media 《画像ギャラリー》町中華で、飲む。東京都内の町中華おすすめ3軒の画像をチェック! navigate_next

写真:丸鶴 チャーシューチャーハン850円

気分次第で攻める中華飲みはパラダイス

 昼から町中華で飲むのが好きだ。別に昼からである必要はまったくないが、お気に入りの中華をつまみに、瓶ビール。誰に咎められることもなく、大衆的な空間での一杯は至福である。

 さてそこで、そのヨロコビを満喫すべく出かけるぞ。ひと口に町中華と言っても、それぞれの店に個性がある。そこをどう攻めるか真剣勝負が楽しいのだ。

 まずは板橋区は大山の『丸鶴』へ。何がすごいって、10歳にして中華の道に入ったという大将、岡山実さんの気合と妥協のない仕事っぷり。たとえば、毎朝6時から仕込むチャーシュー。肩ロースは紐で縛らず、煮込まず、やはり毎朝仕込む漬け汁に3時間漬け込む。しっとり柔らかく、なんとも旨い! 並みの町中華のレベルを軽々超える漢気な味にビールが旨いねえ。盛りも半端ないから、あれこれ、何人かで攻めるのもおすすめだ。

丸鶴 (大山)

手間が違う!本気の中華は最高に飲める

 地元を始め遠方から足を運ぶファンも多し。炊きたての米で作り、絶大な人気を誇るしっとり系チャーハンなど、どれも旨い! その秘訣は、調理の腕はもとより、仕込みや食材選び、使う水まで徹底したその気合だ。魚介のダシと自家製調味料の深いコクが利いたラーメンもぜひ。

写真:焼豚1000円
しっとり旨くてこのボリュームも驚き

[酒]ビ―ル大瓶600円 焼酎サワー各400円 日本酒1合450円 [その他のメニュー]ラーメン500円、ニラレバ炒め700円、スブタ1000円

店舗情報

[住所]東京都板橋区大山西町2-2 [TEL]03-3957-5288 [営業時間]11時~15時、17時~21時半LO(月・火はランチのみ)※ランチタイム有  [休日]日・祝 [席]カウンター4席、テーブル42席計46席/全席喫煙可/予約夜のみ可/カード不可/サなし [交通アクセス]東武東上線大山駅南口から徒歩7分

 お次は上野アメ横のガード下、『珍々軒』だ。縁台ひとつから徐々に拡大した店はこの場で60年。何と言っても半オープンエアで、行き交う人々の雑踏の中で飲むのがいい。さっぱりピリ辛の蒸し豚やざく切りきゅうり&炙りチャーシューをつまみに、サワーをクイッと。すっきりスープの〆ラーもたまらん。

珍々軒 (上野)

夏こそオープンエアで中華飲みだ!

 食べてよし、飲んでよし、飲んだ後にもよし。サラリーマンからツーリストまで、アメ横ガード下ならではの雑然とした賑わいがいい。レバニラや餃子、定食も人気かと思いきやトッピングも可の麺のメニューも充実。ひょいと一杯やったあとの、〆のラーメンもお楽しみだ。

写真:レバニラ炒め750円

[酒]ビ―ル生中500円 樽詰ハイボール500円 サワー5 0 0 円 [ その他のメニュー]からし和え300円、餃子ライス650円、レバニラ炒麺(焼きそば)850円など

店舗情報

[住所]東京都台東区上野6-12-2 [TEL]03-3832-3988 [営業時間]10時~23時(日~20時)※ランチタイム有  [休日]月 [席]カウンター6席、テーブル18席 計24席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR上野駅不忍口から徒歩3分

 そして一見ではちょっと二の足を踏むかもしれぬビルの奥に、昭和47年から佇むのが板橋駅前の『平家』。お父ちゃん、お母ちゃんの親が沖縄出身で、数々の郷愁誘う中華メニューとともに、沖縄ナイズなつまみも点在。見よ、このプルップルな豚足。これが飲まずにいられるかー!

 サワーだけでも38種もあるドリンクがまた充実。青汁農協サワー、マイルドでおすすめです。

平家 (板橋)

圧倒的かつ愛あるメニューでクセになる楽しさ

 知る人ぞ知る隠れ家的な店ながら、一度訪れたら常連になる人も多し。腹ペコの若者にはボリューム満点の定食各種もあれば、簡単なおつまみから一品料理まで幅広く、庶民的なメニューは飲むのに事欠かない。親子3代で営む、アットホームさも素敵だ。愛があるんだなあ。

写真:煮込みとんそく700円
プルプルで柔らか。あっさりした味付けで、ビールにも最適

写真:with 青汁農協サワー!

[酒]ビ―ル中生540円 ホッピーセット430円 サワー各種430円 [その他のメニュー]ハムエッグ(目玉3つ)460円、キクラゲ玉子いため740円、マーボードーフ700円など

店舗情報

[住所]東京都板橋区板橋1-16-5 角一ビル1階 [TEL]03-3961-1903 [営業時間]18時~24時半LO(日・祝~23時LO) [休日]不定休 [席]カウンタ−4席、テーブル46席 計50席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR板橋駅西口から徒歩1分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
ここ数年加熱しているクラフトビール市場。飲める店が増えていますが、その中でもブルワリー直営店に注目。ひとつのブルワリーの様々なスタイルを飲み比べれば違いがわかり、ビールの奥深さを知ることができます!
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル