×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

近年寿司業界で目立つのが、人気店による新ブランドの展開。中でも面白い動きがグルメ横丁への出店だ。のれんをくぐる重圧なくサッと着席して、いざ。

『EDOMAE SS(エドマエ エスエス)』 @新宿三丁目

手間暇かけた江戸前寿司をカジュアルな空間で食す

品書きを見ればハイオクにレギュラー満タン?なるほど旨い寿司で活力=ガソリン補給という訳か。本格江戸前寿司をカジュアルな横丁で味わえるこちらは人気店『築地青空三代目』の新業態。冒頭のおまかせのネーミングといい、遊び心が楽しいねえ。

レギュラー満タン 6000円(10種・内容は仕入れで変わる)

『EDOMAE SS(エドマエ エスエス)』レギュラー満タン 6000円(10種・内容は仕入れで変わる)新いくら、車海老、太刀魚、北寄貝、秋刀魚、春子鯛など、旬の味が盛りだくさん。赤酢を使うシャリはやや硬めに仕上げる。基本は昼夜各3部制

とはいえ握りは極めて正統。例えば提供直前に茹でる車エビや同じく直前にサッと湯通しする北寄貝など、1貫1貫をおいしく味わってもらうため労をいとわない。ネタの良さも推して知るべし。高級店が惚れ込む「フジタ水産」の本マグロや、それを使った「とろたく巻き」はぜひ。身も心もとろけます。

『EDOMAE SS(エドマエ エスエス)』横丁内とあってコンパクトだが居心地がいい

[住所]東京都新宿区新宿3-20-8 トップスハウスビル1階 新宿横丁内
[電話]080-9458-1458
[営業時間]11時半~14時半、17時半~22時半
[休日]水
[交通]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅B7出口から徒歩1分

『寿志團(すしだん)』 @広尾

高級店の技を太っ腹価格で気軽に楽しく堪能できる!

細長~いグルメ横丁の奥にある寿司劇場。ここがそんじょそこらの店と一線を画すのは銀座の高級店『はっこく』の新ブランドということもあるが、何より仕込みからネタの切りつけまで、見た目の楽しさや口に入れた時の旨みの広がり、シャリとのほぐれ具合を考え尽くした握りがすこぶる旨い&驚きの太っ腹価格だから。

おまかせ握り“黒”(特選握り12貫、お椀)5800円 ※内容は仕入れで変わる

『寿志團(すしだん)』おまかせ握り“黒”(特選握り12貫、お椀)5800円 ※内容は仕入れで変わる。本まぐろ赤身、しまあじ、小肌、北寄貝、ブリ、うに、かつおなど、定番と旬ネタが揃う

酢飯は3年熟成のコク深い赤酢に酸味を補うためもう1種をブレンド。どのネタにも合うよう計算されている。おまかせは定番人気と旬の味をバランス良く。気取らず本物を味わえて、しかもお子様ウェルカム。魅力が何拍子も揃った店だ。

『寿志團(すしだん)』店名は氣志團のイベントでケータリングをしていた縁から

[住所]東京都渋谷区広尾5-4-16 EAT PLAY WORKS1階
[電話]03-6450-2800
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~21時半(21時LO)
[休日]水
[交通]地下鉄日比谷線広尾駅2番出口から徒歩1分

撮影/小澤晶子(EDOMAE SS)、小島昇(寿志團)、取材/肥田木奈々

2023年11月号

※2023年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…