×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

ヒゲタしょうゆ「本膳」でいただく和食名店(6)埼玉・与野「蕎麦 孤丘(こきゅう)」

銚子市で創業から400有余年の「ヒゲタしょうゆ」。関東で親しまれる濃口醤油の礎を築いた老舗メーカーです。伝統の醸造技術によって生まれた「本膳」は多くの料理人からも支持されています。「本膳」を使用する都内のお店を「おとなの週末Web」がご紹介します!

蕎麦とツユが織りなす見事なバランス

蕎麦とツユ、両者の相性をひたむきに追求する店。産地が変われば香りや味も変わる。ツユとのブレをなくすため、一年を通して茨城県筑西市の契約農家が育てた「常陸秋そば」に限定。店の隣に設けた製粉所で石臼挽きして生まれる蕎麦を、まろやかなツユにそっと浸して手繰れば、その精妙な一体感に思わず唸る。鴨つくね汁(1700円)は埼玉県産の鴨肉を使用。コクと旨みが九一で打った蕎麦を引き立てる。

そばがき(大)1500円。微粉とやや粗挽きの2種類をブレンド。素朴な甘みと香りを堪能できる

■「蕎麦 孤丘(こきゅう)」

まるで軽井沢の別荘のような店内

[住所]埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-11-12

[電話]048-762-3167

[営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、18時〜21時(20時半LO)、日11時半〜16時(15時半LO) 

[休]月・第1、3火 

[席]個室あり、全60席/※火、水、木、金の夜はコースのみの完全予約制/カード可

[アクセス]JR京浜東北線与野駅西口から徒歩3分

色、味、香りのバランスが整った超特選こいくちしょうゆ「本膳」

江戸時代から受け継いだ醸造技術を元に開発され、昭和63年に誕生したロングセラー。従来の醤油よりも塩分は抑えつつも、強い旨みと芳醇な香りで素材の持ち味を引き立てる。明るく澄んだ赤い色合いは、野菜の煮物などにも最適だ。高級割烹をはじめ、多くの和食店で使用されている。

本膳

●お問い合わせ先/ヒゲタ醬油 お客様相談室 電話0120-144-164

https://www.higeta.co.jp/

文/菜々山いく子、写真/貝塚隆、提供/ヒゲタ醤油

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…