MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
洋食バル ウルトラ|長年愛された亡き父の味を受け継ぐ店(洋食/経堂)

洋食バル ウルトラ|長年愛された亡き父の味を受け継ぐ店(洋食/経堂)

下北沢で33年以上営業し、7年前に閉店した人気店「洋食屋マック」の味を受け継ぐ。店主が他界後、イタリアンなどで経験を積んでいた息子の石田幸路さんが洋食バルとして店名も新たに経堂でオープンした。洋食バル ウルトラ[交]小田急線経堂駅南口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》洋食バル ウルトラ|長年愛された亡き父の味を受け継ぐ店(洋食/経堂)の画像をチェック! navigate_next

洋食バル ウルトラ(最寄駅:経堂駅)

 下北沢で33年以上営業し、7年前に閉店した人気店「洋食屋マック」の味を受け継ぐ。店主が他界後、イタリアンなどで経験を積んでいた息子の石田幸路さんが洋食バルとして店名も新たに経堂でオープンした。マックの最後の4年半を父の元で修業した石田さんは「どの店より厳しかった」と振り返る。 伝承するいくつかのレシピの中でも、長年愛されているのがハンバーグ。時季ごとに肉質を見極めて仕入れる合挽き肉を使い、焼く時に白ワインを加えて蒸し焼き風にして仕上げる。ご飯に合うよう日本酒や醤油を入れた特製ソースとも相性抜群だ。

ハンバーグステーキ温泉玉子付き(ランチ)
1000円

牛と豚は7対3の配合。酸味と甘みのバランスがいいソースが合う。昼だけでも40食が出る

エビフライサンド
1188円

エビフライを3本使ったサンド。自家製タルタルがアクセント(夜のみ)

洋食バル ウルトラ

東京都世田谷区経堂1-19-2 松菱ビル1階 ☎03-6413-9326 [営]11時~15時、18時~24時(23時LO) [休]日、第1月 [席]カウンター8席、テーブル18席、計26席/ランチは全席禁煙、夜は分煙/夜は19時までの入店は予約可/カード可(VISA・MASTER)/サなし [交]小田急線経堂駅南口から徒歩2分

電話番号 03-6413-9326
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。
2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
店主の新さんは大塚の名店『カッチャルバッチャル』などで腕を振るい、独立して今春このスパイスバルを開店。すでにカレーマニアやスパイス愛好家の間で大きな話題になっている。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル