SNSで最新情報をチェック

ローマの皇帝は、フランスの太陽王は、ベートーベンは、トルストイは、ピカソは、チャーチルは、いったい何をどう食べていたのか? 夏坂健さんによる面白さ満点の歴史グルメ・エッセイが40年ぶりにWEB連載として復活しました。博覧強記の水先案内人が、先人たちの食への情熱ぶりを綴った面白エピソード集。第36話をお送りします。

美食よりもとりあえずは酒!

ヘミングウェイは大食漢ではあったが、繊細な味覚よりも酒と美女に目がなかった。1937年に「北米新聞連合」の特派員としてスペイン内乱の取材におもむいたころには、すでにかなり重症のアル中だったといわれている。

弾丸を怖れなかったヘミングウェイは、前線を這い回るとき、必ず2つの水筒をたすき掛けにしていた。片方にはジンを、もう片方にはベルモットを。

戦闘が一段落すると、そこらの岩かげに身をひそめて、ふところから小さな銀カップをとり出してカクテルを作っては楽しんでいたというから相当なものである。この体験が名作『誰がために鐘は鳴る』を誕生させたのだろう。

1961年7月2日の朝、アイダホ州ケチャムの山荘で猟銃を口にくわえ、足の指で引き金を引いて自殺したヘミングウェイは、長年の冒険と放浪とアルコールのために、十指に余る持病で苦しんでいたといわれる。

もう一人の文豪フォークナーは、ヘミングウェイと不思議な因縁を持っていた。

最初の因縁は、2人そろってほぼ同じころ第一次大戦に義勇兵として参加したことだ。またこの2人は、ともにシャーウッド・アンダーソンに強くすすめられて小説を書きはじめている。

その後、ヘミングウェイのほうが早く短篇集をまとめたが、彼の最初の妻がその処女作を出版社に届ける途中、汽車の中に置き忘れてしまい、とうとう発見されずじまいという出来事があって、結局二人そろって1926年にデビューしている。そういえば、死んだのもヘミングウェイが1年早いにしても、同じ7月のことだった。

ヘミングウェイは陽気な大食漢で、なんでもいいからテーブルに大量の食事があればそれで満足。このあたりは以前紹介したように、ごちゃまぜの皿をかき込んで、最後にミルク・コーヒーをぶっかけて残りを飲み干したヴィクトル・ユゴーとそっくりである。

次のページ
フォークで豆をさぐり、まずそうに口に運び...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 今井
おとなの週末Web編集部 今井

おとなの週末Web編集部 今井

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…