SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

30年前の1993年6月9日、浩宮さま(現・天皇陛下)と雅子さまはご結婚された。お二人は皇居・宮殿から赤坂の東宮御所まで約4.2キロメートルをオープンカーでパレードし、沿道には約19万人もの国民が詰めかけて祝福した。

花びらのようなドレス

雨上がりの明るい日差しの中、バラの花びらのようなドレスに身を包み、はにかんだような笑顔を見せて小さく手を振る雅子さまの姿に日本中が魅了された。美智子さまに続く、民間から天皇家に入った皇太子妃の誕生である。

振り返れば1959年春、美智子さまは初めて民間から皇太子妃となり、国民はミッチーブームに沸いた。明仁親王(現・上皇陛下)と美智子さまは、ともに避暑に訪れていた軽井沢のテニスコートで試合相手として出会う。「テニスコートの恋」としてあまりにも有名になるロマンスは、その後、紆余曲折を経て実を結ぶことになる。

テニスコートの恋

求婚に悩み揺れる美智子さまの心をつかむ決め手になったのは、明仁親王からの粘り強い電話作戦だった。

美智子さまと同じ民間の女性として、雅子さまも浩宮さまからの求婚にとまどわれた。外務省に勤務し世界を仕事場として活躍する雅子さまは、キャリアをすてて天皇家に入る決心が容易にはつかなかった。

そんな雅子さまの心を射止めるために、浩宮さまがもてなした勝負料理が一役買っていたという。今回は、雅子さまのご婚約のころの物語である。

北桔橋(きたはねばし)門から平川濠を望む

最初の出会いはスペイン王女の歓迎会

浩宮さまと雅子さまが初めての出会ったのは、1986年10月に東宮御所で行われたスペイン王室のエレナ王女(当時)の歓迎会だった。当時、雅子さまは、超難関の外交官試験に合格したばかりの外交官の卵であり、エレナ王女と同じ年頃の女性として、両親とともに招待されていた。

「合格してよかったですね」

雅子さまに声を掛けた浩宮さまは、このとき26歳。出会いの日から、浩宮さまは雅子さまに心惹かれていった。その後、雅子さまの英国オックスフォード大学への留学などがあって途切れたが、雅子さまの帰国とともに浩宮さまとの交流が再び持たれるようになっていった。

次のページ
“謎のお客さま”へのスペシャル料理...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

高木 香織
高木 香織

高木 香織

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…