×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・浅草のおにぎり店『おにぎり浅草宿六』です。

観音裏で70年、伝統を守りながら進化中

片方の海苔が凛と立つ。その佇まいは、江戸の粋とでも言おうか。「生まれた時から実家がおにぎり屋なんて、たぶん僕だけでしょ」と言う三代目店主の三浦洋介さん。1953年、洋介さんの祖母が浅草で開業した同店は東京で一番古いおにぎり屋だ。

当時は浅草の酔客が呑んだ後の〆を求めて集っていたという。鮨屋さながらの檜のカウンターにはショーケースが設けられ、そこに並ぶ17種の具材は70年変わらぬまま。

あみ 319円、さけ 341円

『おにぎり浅草宿六』(左)あみ 319円、(右)さけ 341円 素材の味を生かしたあみ佃煮と焼き鮭。バランスが秀逸だ。たくあんと味噌汁が付く

大きな羽釜で米がツヤよく炊かれ、熟練の手つきで握られるおにぎりは、江戸前海苔の香りをまとい、口中でふわっとほどけていく。これがたまらない。

米は毎年新米の時期に試食し、味の濃さを基準に選定。今年は新潟県産コシヒカリを使う。気候により炊き方を調整したり、米のハリ感を出すべく蒸らし時間を考慮したり。「自分が旨いと思うものを作っているだけ」と三浦さんは笑うが、情熱と心意気がひしひし!ピシッと旨く、いやはやニクい。気持ちがシャンとする。

【おにぎりDATA】
米:新潟県産コシヒカリ
塩:企業秘密(その日の気分で変える)
海苔:東京湾産
重さ:約100g

『おにぎり浅草宿六』

東京・浅草『おにぎり浅草宿六』 

[住所]東京都台東区浅草3-9-10 
[電話]03-3874-1615
[営業時間]11時半~ご飯がなくなり次第終了、17時~ご飯がなくなり次第終了 ※火・水は昼のみ
[休日]日
[交通]地下鉄銀座線ほか浅草駅3番出口から徒歩10分

撮影/鵜澤昭彦、取材/飯田かおる
※2023年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…