SNSで最新情報をチェック

東京駅改札外『東京グルメゾン』は、周辺のビジネスマンでも賑わうエリア。オシャレな造りの店内で、肉あり魚あり、和あり洋ありのこだわりの味を堪能してみて。

『酒場シナトラ 東京駅店』

仲間とワイワイ楽しめる 使い勝手のいい粋な酒場

看板メニューは肉豆腐。大衆酒場でお馴染みのメニューだが、その旨さは牛すね肉がごろごろ入る肉料理の逸品レベル。ポテトサラダはシンプルなポテサラの上にホタルイカが並ぶ美しいビジュアルで、日替わりの刺身はごま醤油や海苔餡で味わうなど、盛り付けや素材使いにひと工夫が効いている。

緑茶ハイ 680円、レモンサワー 680円、ホタルイカの沖漬けポテトサラダ 780円、名物肉豆腐 980円

『酒場シナトラ 東京駅店』(ドリンク奥)緑茶ハイ 680円、(ドリンク手前)レモンサワー 680円、(料理奥)ホタルイカの沖漬けポテトサラダ 780円、(料理手前)名物肉豆腐 980円 肉豆腐は溜り醤油で甘めに仕上げた継ぎ足しのタレでじっくり煮込んでいる。肉はほろっと崩れるやわらかさ。皮ごと低速ジューサーで搾っているというレモンサワーはレモン風味がかなり濃い

緑茶ハイもよくある味かと思いきや、注文後にグリ茶と足柄茶の茶葉をつぶすという手間をかけた一品で、お茶の苦みとバランスのいいジンが相性抜群だ。ランチはアジフライや唐揚げなどの定食セットのほか、単品メニューも注文可能なので昼飲みもOK。居心地のよさと、ワンランク上の定番つまみが両立する酒場が改札外すぐにあるなら使わないと損!

『酒場シナトラ 東京駅店』

[住所]東京駅一番街2階
[電話]03-6551-2070
[営業時間]11時~23時(22時LO)、日・祝11時~22時(21時LO)
[休日]無休
[交通]八重洲北口からすぐ

『BEER HOUSE 森卯』

ビールを飲みたいけど、いつもと少しテイストを変えたいときはココ!

クラフトビール隅田川シリーズが3種、浅草橋の『VECTOR BREWING』のクラフトビール3種のほか、定番ビール1種の合計7種を生で楽しめる。個性の強いビールと相性のいい溶岩石グリルのオーダーは必ずオーダーしたい一品。溶岩石を挟んだ鉄板で、炭火焼きのように遠赤外線でじっくり内部にも火を入れるという。

隅田川ケルシュスタイル 780円、自家製レバーパテ 720円、肉三種盛り合わせ 3460円

『BEER HOUSE 森卯』(ドリンク)隅田川ケルシュスタイル 780円、(奥)自家製レバーパテ 720円、(手前)肉三種盛り合わせ 3460円 肉のグリルは、岩塩&黒コショウ、西洋わさび、マスタードで味変も。白レバーを使ったパテは、臭みもなくあっさりとした後味

確かに牛のグリルはふんわりやわらかく、噛むほどに旨みがじゅわっと溢れるのだ。土・日・祝限定だが、ランチの「溶岩石のグリルミートプレート」1980円はかなりお得。また、多彩な経験を積んだシェフが考案した季節の一品にもファンが多い。奥には35名までの個室があり、連日埋まる人気ぶり。昼も夜も宴会OKで知っておくと重宝する。

『BEER HOUSE 森卯』

[住所]東京駅一番街2階
[電話]03-3211-1967
[営業時間]11時~23時、日・祝11時~22時
[休日]無休
[交通]八重洲北口からすぐ

撮影/浅沼ノア、取材/井島加恵

2024年1月号

※2024年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…