MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ビストロ喜楽亭のカレーはじっくりと手間をかけたブイヨンが生み出す!(カレー/三宿)

ビストロ喜楽亭のカレーはじっくりと手間をかけたブイヨンが生み出す!(カレー/三宿)

 三宿「ビストロ喜楽亭(きらくてい)」のカレーの決め手は何と言ってもブイヨンだ。牛骨と香味野菜で3日間かけて煮込まれ、カレー粉と合わせてさらにひと晩寝かされる。

perm_media 《画像ギャラリー》ビストロ喜楽亭のカレーはじっくりと手間をかけたブイヨンが生み出す!(カレー/三宿)の画像をチェック! navigate_next

ビストロ喜楽亭(最寄駅:池尻大橋駅)

じっくりと手間をかけたブイヨンが生み出す完成度!

どのカレーのベースにも、ぐっとくる深みのある旨みがあるのだ。「スパイスはカレーごとに違って、具材ごとに煮込んだら、ブイヨンと合わせてさらに6時間くらいコトコトします」(店主・大久保さん)と、丁寧に手をかけられた味わいは、マイルドさとスパイシーさが一体となって絶妙なバランス。サフランライスやトッピングとともに、食べ進めるのがうれしくなるのだ。

ビーフかれー
975円(税別)

“つぼ焼きかれー”と言って、カレーは陶器に入って熱々で供されるのも特徴

地中海かれー
1600円(税別)

こちらのルウはよりサラッとしたスープ状。贅沢な魚介の旨みとともに、白ワインの酸味も利いている

お店からの一言

店主 大久保宏泰さん

「ずっと火にかけて丁寧に仕込んでます」

ビストロ喜楽亭(きらくてい)

写真:ビストロ喜楽亭(きらくてい)の店内

[住所]東京都世田谷区池尻3-30-5 [TEL]03-3410-5289 [営業時間]11時~翌2時(翌1時半LO)※ランチタイム有 [休日]元日 [席]カウンター6席、テーブル24席 計30席/13時以降喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅西口から徒歩8分

電話番号 03-3410-5289
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
下北沢を、いや東京を代表するカレー専門店。人気のチキン、エビをはじめ、ここのカレーは素材の旨みがしっかり感じられるものばかりで、とにかく旨い。
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル