SNSで最新情報をチェック

毎月、各特集の取材に明け暮れる「おとなの週末」ライターたち。その日常をご紹介します!今回は、戎誠輝編。40にして迷いまくりの末っ子編集者。毎年11月は東京駅に“出社”しているおと週の東京駅マイスターということもあり、今年は2024年1月号の「東京駅特集」全体を見るように任命され、責任重大。気合いだーっ!

毎年この時期は東京駅に“出社”する末っ子編集者

×日:生まれながらの阪神タイガースファンである。そんな私が今、京セラドーム大阪にいる。日本シリーズ第6戦を観戦しにきたのだ。甲子園球場のチケットがとれず嘆いていた自分を、友人が誘ってくれた。ありがたい……。

試合は、オリックス・山本由伸投手に完投され敗れるも、あまりに素晴らしいピッチングだったので納得。悔し泣きしたけど(翌日はうれし泣きしました)。

1塁側の良席でかなり近く感激!ノイジーのホームランがピークで、あとは山本投手に沈黙。ビールが進んだ

×日:予定があり、午前中には帰りの新幹線に乗車。前日の酒量を考え、翠ジンの缶1本のみ。そこまでして飲みたい?はい、新幹線で飲むのが好きなんです。新大阪駅で買った『パンデュース』「れんこんとスモークチキンのタルティーヌ」が激ウマ。やっぱ、ここのパンが好きだ。

×日:かねてから欲しかった「スパイス焼酎 カルダモンTAKE7」を近所の酒屋さんで発見、即買いする。ソーダ割りにすると、炭酸の泡にのってカルダモンの爽やかな香りが浮き上がってきて旨いのなんの。みなさんもぜひ。オススメです。

「スパイス焼酎 カルダモンTAKE7」。720mlで2000円弱だった。お買い得。どの料理とも相性がいいです

×日:飲み屋不毛の地といっていい近所で、数少ない良店が『いちき』。魚も肉も天ぷらも串かつもあるThe居酒屋な品揃え。人気どころの日本酒を押さえているのもいい。たまに行くお店だ。この日、実は割りと近くに住んでいた某ブルワリーの代表と一献交わす。クラフトビール話に花を咲かせた。

『いちき』で食べた料理から「牛ハラミステーキ」(980円)。人参ソースが肉の旨みを引き立てる

×日:弁当記事リサーチのため、東京駅の改札内外を歩き倒す。構成がまとまりつつあるも、ワンピース足りない。そこで、丸ビルの地下「マルチカ」へ。『ダイワTOKYO』で出合った「たまごサンド」がおいしく、このエリアを入れようと決める。疲れた体にキウイジュースでビタミン補給し、疲労回復。効くぅ~。

×日:所用で八王子へ。金沢の回転寿司『輝らり』でランチ。北陸の海の幸を使った寿司で、回転ながらクオリティが高いのだ(少し値段も高めだが)。寒ブリやなめら(キジハタ)などに舌鼓を打つ。そしてこの日は「香箱ガニ」が入荷!喜び勇んで注文し、外子と燗酒で口福至福。それにしても、お燗のおいしい季節になったなぁ。

『輝らり』の「香箱ガニ」。外子を食べながらチビチビと燗酒でいただく。たまらんっ!

×日:忍び寄る年末進行の影……。東京駅の製作を進めつつ、次号のラーメン特集の調査も行っている。新宿でラーメンを食べたあと、クラフトビールが飲みたくなり、代々木方面へ歩を進める。目的地は『ウォータリングホール』だ。“どろり酒”ことスムージーサワーを飲む。温州みかん強めでみかんジュースのような味わい。旨いっ!いい気分で家路につく。

アマクサソナー、ビアキチ、ゆうやボーイズのコラボビール「俺!おれオレ!」

×日:定期便を注文するほど家族でファンのチョコレート専門店『Minimal』から、チョコレートクッキー缶が届く。「Makuake」で応援購入したものだ。6種類それぞれにカカオやチョコの持ち味が最大限に引き出されていて、どれも美味。中でもメレンゲ×カカオニブの「カカオニブスナック」にハマる。ほんのりビターでお酒とも合う。お見事。

『Minimal』の「チョコレートクッキー缶」。「カカオニブフロランタン」や「パルプジャムクッキー」など6種を詰め合わせ

×日:酉の市で、府中の大國魂神社さんへお参り。毎年熊手御守りを授かり、馴染みの露店で縁起熊手を購入しているのだが、熊手御守りが終了していたため、かんざし守を授かる。年々少しずつ大きくしている縁起熊手もまた数が少なく、なんとかほぼ同サイズのものをゲット。来年は大きくできるよう商売繁盛を祈り、玄関に飾った。

文・撮影/戎誠輝

2024年1月号

※2024年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…