SNSで最新情報をチェック

ビートルズがイギリスでデビューしたのは 1962年。イギリスですぐにブレイクしてアメリカ、日本など全世界デビューしたのは1964 年。2024年はビートルズの全世界デビュー60 周年となる。

1964年2月5日、「抱きしめたい」日本発売

日本では1964年2月5日、「抱きしめたい(I WANT TO HOLD YOUR HAND)」がデビュー・シングルとして発売された。ちなみに1962年10月5日のイギリスでのデビュー・シングルは「ラヴ・ミー・ドウ」だった。

1964年3月といえば、ぼくは進級を前にした中学1 年生だった。親友のKくんが「抱きし めたい」のシングルを学校に持ってきて、放課後、ポータブル・プレイヤーで皆に聴かせた。初めて聴いた時の衝撃は、約60年過ぎた今でも鮮やかに心に残っている。

ぼくはその8年前、1956年にエルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」を 聴いて洋楽ファンになった。その8年間でかなりの数の洋楽曲を聴いてはいたが、ビートルズの撃った弾丸は、格別に強力で幼いながらも、これから彼らの時代が始まると予感させた。

そして、その通りになった。最初は多くの大人たちはビートルズを嫌ったが、今では音楽ファンでなくともビートルズの名を知らない人はごく稀だろう。

「平凡パンチ」創刊号に載った“酷評”

どのくらいビートルズが“大人”に嫌われていたかは、1964年5月に創刊された「平凡パンチ」を読み返すと分かる。「平凡パンチ」は当時の若者層を狙った日本初の“遊び人御用達”誌だった。

その「平凡パンチ」に野末陳平氏(のずえ・ちんぺい、当時は放送作家・タレント、後に参院議員)が“メンズ・ギャラリー”というコラムでビートルズのデビュー・アルバムをレビューしている。

“生まれてこのかた、一度も頭を刈ったことのないような坊主が四人、一見鼻たれ風なんだが彼らこそ、彼らこそ恐るべきブームをまきおこしたイギリス産の『ビートルズ』のメンメンである”と貢定的なレビューではなかった。時代の先を行くことで創刊された「平凡パンチ」でさえ、このレビューなのだから、ビートルズは当時の大人たちに全否定されていたと言っていいだろう。

『平凡パンチ』創刊号

ただ、時は、歳月は真実だけを残す。60年過ぎた今では、批判すらできないほどビートルズは神格化されている。それはビートルズがデビューした62年に結成され、翌63年に全英デビューして今なお現役のローリング・ストーンズをはるかに凌ぐと言えるだろう。

次のページ
マスターテープに手を加えた赤盤と青盤が2023年秋に登場...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

岩田由記夫
岩田由記夫

岩田由記夫

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…