×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

全世界デビュー(1964年)から60周年を記念して発売された『ザ・ビートルズ 1962年~1966年」(通称“赤盤”)、『ザ・ビートルズ 1967年~1970年(通称“青盤”)』は、これまで2回、CD化されたことは前章で述べた。1回目のリリースは単なるCD化、2回目のリリースでは音質を向上されるリマスタリングが施された。

ジョージ・マーティンの息子がリミックス

3回目のリリースに当たる今回は、大きく内容が変化した。前章で述べたようにオリジナル録音テープを新たにミックスし直して~リミックス~21世紀のサウンドに変化させた。オリジナルでは『赤盤』が26曲、『青盤』が28曲だったが、『赤盤』は12曲、『青盤』には9曲が新たに加えられた。

オリジナルの『赤盤』、『青盤』のプロデューサーはジョージ・マーティンだったが、 新しい『赤盤』と『青盤』は、マーティンの息子であるジャイルズ・マーティンがリミックスを行なった。ポール・マッカートニーのソロ・アルバムなどもプロデュースするジャイルズは、ビートルズの生き残りであるポールとリンゴ・スターからも信頼されている。もし、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが生きていたら、選曲はもっと異なっていたかも知れないとぼくは思う。

ベスト・アルバム『ザ・ビ ートルズ 1962年~1966年』(通称“赤盤”)と『ザ・ビートルズ 1967年~1970年』(通称“青盤)と、2023年11月に発売されたザ・ビートルズの最後の新曲『ナウ・アンド・ゼン』

『青盤』に収録された「ナウ・アンド・ゼン」は頭抜けた作品か…

すでに多くのメディアで話題になったが、『青盤』には、ビートルズとしての“新曲” 「ナウ・アンド・ゼン」が含まれている。「ナウ・アンド・ゼン」のオリジナル・テイクはジョン・レノンが1970年代末にレコーディングした曲に、20年後、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ポール・マッカートニーが楽器を追加した。

そこから最新の技術、マシン・アシステッド・ラーニング(MAL)を用いて、ジョンの弾くオリジナルのピアノ・パートと彼のヴォーカルを完全に分離させた。それによってオリジナル・テープのノイズが消え、現代のスタジオの基準にヴォーカルが引き上げられ、そこへジョージのギターを残しながら、ポールとリンゴが新たなサウンドを追加した。MALによって時空を超えたビートルズの再結成が可能になったのだ。

「ナウ・アンド・ゼン」はバラッド・タイプの良い曲だとは思う。けれどもビートルズの楽曲の中で頭抜けた作品かというのは、ぼくには疑問に思える。新曲に湧くビートルズのファンに水を差すようだが、もしジョン・レノンが生きていたら「ナウ・アンド・ゼン」の発表を拒んだのではないだろうか?

次のページ
「ビートルズはカルチャーとして世紀の宝物」ジョージ・マーティ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

岩田由記夫
岩田由記夫

岩田由記夫

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…