SNSで最新情報をチェック

バレンタインデーが近づいてきた。スコットランド・スカイ島で生み出されるウイスキー「タリスカー」と、「ホテルニューオータニ」がコラボレーションした「タリスカー ボンボンショコラ(3粒セット)」と、オリジナルカクテル(3種)が2月から登場した。ホテルニューオータニ(東京・紀尾井町)の「バー カプリ」で、数量限定で販売されている。ボンボンショコラは、ウイスキーのスモーキーフレーバーと、チョコの甘さとほろ苦さが絶妙に調和した“おとなの味”だ。

icon-gallery

「タリスカーボンボンショコラ」第2弾、10年とストーム、ポートリーの3種類を使用

タリスカーと、ホテルニューオータニが組むのは、今回が初めてではない。2023年2月にも「タリスカーボンボンショコラ」が発売され、話題になった。

第2弾となる今回も、新たにメニューが開発された。一粒一粒に異なるシングルモルトが使われている。味わえるのは、次の3品だ。

右から「タリスカー10年」(バナナ風味)、「タリスカー ストーム」(ナッツ風味)、「タリスカー ポートリー」(フランボワーズ風味)=赤い点が目印

「タリスカー10年」(バナナ風味)
「エクアドル産のチョコレートを使用。スモーキーで力強い味わいが特徴的なタリスカー 10年に、九州大牟田産の生クリームを加えたガナッシュとバナナピューレを合わせ、隠し味に黒胡椒を使用しました。ウイスキーの甘味ある香りと豊かでフルーティーな味わいが口の中でまろやかに広がります」(プレスリリースより)

「タリスカー ストーム」(ナッツ風味)
「ベネズエラ産のチョコレートを使用。スパイシーさと甘美なスモーキーさ、蜂蜜のような甘い香りを愉しめるタリスカー ストームには、アーモンド・ヘーゼルナッツ・ピスタチオの3種類のナッツをチョイス。ウイスキーのスパイシーな味わいと、濃厚でサクサクとしたナッツとのバランスがよく、やみつきになる味わいに仕上げました」(同)

「タリスカー ポートリー」(フランボワーズ風味)
「エクアドル産のチョコレートを使用。潮と黒胡椒の風味、ベリー系のリッチな香りが味わえるタリスカー ポートリーを、甘酸っぱいフランボワーズと合わせました。ウイスキーのクリーミーなスモーキーさと、フランボワーズの味わいが口の中で重なり、長く余韻を愉しめる一品」(同)

タリスカー10年の隠れた魅力“海のやさしさ”に触れた

「バー カプリ」で行われた試食試飲会に足を運び、実際に味わってみる。それぞれ使われたタリスカー3種類を口にしながらの贅沢な楽しみ方だ。

まずは、「タリスカー10年」を。自宅にも常に置いて20年近く愛飲しているタリスカーの代表的銘柄。「海の潮風を味わっているかのような風味」が魅力だ。黒胡椒を感じさせるスパイシーさも特徴のこのシングルモルトを使ったチョコとは、どんな味わいなのか。

試食試飲会には、タリスカーを取り扱う「MHD モエ ヘネシー ディアジオ」から、MHDシングルモルトアンバサダーのロバート(ボブ)・ストックウェルさんが参加。「最初はチョコをそのまま食べていただき、そこからもう一味食べる。まだ口に含んでいる間に、ウイスキーをひとくち。アルコールとチョコレートが混ざるという感じにすると、口の中にポワンと風味が出てくると思います」と、楽しみ方の一例を指南してくれる。

MHDシングルモルトアンバサダーのロバート(ボブ)・ストックウェルさん

たしかに、言う通りだ。チョコの上品な苦味、そしてバナナフレーバーをまとった甘味が、ウイスキーの香りに押されるように、口の中に広がった。しかも、チョコをあわせることで、ウイスキーの荒々しい部分が丁寧にけずられ、力強さを残しながらもマイルドな口当たりになる。タリスカー10年に含まれた“海のやさしさ”に触れたようで、新たな魅力を発見した気分になった。

次のページ
嵐がおさまり、凪が訪れた...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 堀
おとなの週末Web編集部 堀

おとなの週末Web編集部 堀

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…