SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・成城学園前の寿司店『蛇の目鮨』です。

気負わず通える風情と値段。老舗の江戸前仕事に唸る

成城と言えば高級住宅地。そんな場所で暖簾を出す寿司屋はさぞかし……と身構えつつ入ってみれば、いい意味で肩透かしを食らった。店内はカウンター席に小上がりのある昭和の町寿司そのまんまの風情。夜でも握りもチラシも1650円~と庶民派だ。

にぎり鮨(特上)3300円

『蛇の目鮨』にぎり鮨(特上)3300円 昆布水で天日干しの米を炊き米酢と合わせたシャリは旨みがありネタを支える。大トロ、ボタン海老など。巻物は鉄火と山芋巻き

豊洲と川崎の両方の市場で目利きしてくるネタの良さもさることながら、店で炊くカンピョウに、香りを残しつつふっくら煮た穴子、チラシのご飯の上で彩りを添えるおぼろまでもと、細やかな江戸前仕事の積み重ねが56年間、看板を支えてきたのは間違いない。

さらに二人三脚で切り盛りする、純一さんとお母さんのやりとりも“味”で、飾らない親子の会話に加われば、自分が一見だったことも忘れてしまう。

『蛇の目鮨』

東京・成城学園前『蛇の目鮨』

[住所]東京都世田谷区成城5-13-25
[電話]03-3482-0968
[営業時間]11時半~14時、17時~21時
[休日]水
[交通]小田急線成城学園前駅西口から徒歩4分

▶おとなの週末2024年4月号は「おにぎりとおべんとう」

2024年4月号
2024年4月号

撮影/西崎進也、取材/菜々山いく子
※2023年11月号発売時点の情報です。
※各店舗のネタやコースの内容は季節や仕入れで、変わることがあります
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…