SNSで最新情報をチェック

全店実食調査!『おとなの週末』が自信を持っておすすめするお店をご紹介します。今回は、東京・池尻大橋のタコスショップ『TACOS Shop IKEJIRI(タコス ショップ イケジリ)』です。

自由な構成のタコスを好みのメスカルと合わせよう!

246沿いに控えめに建つ、床5坪ほどの三角柱型のビル。3フロアすべてがこちらの店で、1階カウンターではトルティーヤの焼き上がりを眺めながら、タコスとメキシコの蒸留酒・メスカルを楽しめる。

そのタコスもカルニータス(豚)などお馴染みの肉系だけでなく、ビーツなどの野菜、旬魚も具材にするなど、ユニークな展開。

タコス カルニータス、タコス カボチャ、タコス ビーツとニンジン 各400円×メスカルソーダ(アルタレス デミ ティエラチョコレート)1400円

『TACOS Shop IKEJIRI(タコス ショップ イケジリ)』タコス カルニータス、タコス カボチャ、タコス ビーツとニンジン 各400円×メスカルソーダ(アルタレス デミ ティエラチョコレート)1400円 タコスには好みでサルサをかけて食べる。蒸留時にチョコレートを漬けたメスカルからは、微かなカカオフレーバーがする

「トルティーヤで包めば、タコスですから」と店主の近藤輝太郎さんはきっぱり言い切るが、一方でタコスの具だけの注文も可能。酒が進むならタブーなしの姿勢が、なんとも天晴れなのだ。

また、メスカルの自由さに惹かれた近藤さん。「テキーラと比べて原料のアガベの種類が多く蒸留法も多彩。ソーダ割り、カクテルのベースにも向いているので、タコスと自在に組み合わせてみてください」

『TACOS Shop IKEJIRI(タコス ショップ イケジリ)』

東京・池尻大橋『TACOS Shop IKEJIRI(タコス ショップ イケジリ)』

[住所]東京都世田谷区池尻2-31-17
[電話]なし
[営業時間]16時~翌1時LO
[休日]不定休(SNSにて告知あり)
[交通]東急田園都市線池尻大橋駅南口から徒歩4分

▶おとなの週末2024年4月号は「おにぎりとおべんとう」

2024年4月号
2024年4月号

撮影/西崎進也、取材/岡野孝次
※2023年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…