MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
SUGAR sake&coffee(居酒屋/阿佐ヶ谷)|日本酒との出合いを広げるスパイス使い

SUGAR sake&coffee(居酒屋/阿佐ヶ谷)|日本酒との出合いを広げるスパイス使い

日本酒で、それも燗酒押しとくればどうしても和食が多いが『SUGAR』は意外性に富んでいる。中華あり、インドあり、時に和もあり、そしてマカロニサラダやナポリタンまで。

perm_media 《画像ギャラリー》SUGAR sake&coffee(居酒屋/阿佐ヶ谷)|日本酒との出合いを広げるスパイス使いの画像をチェック! navigate_next

SUGAR sake&coffee(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

ここでは自由に異国をミックスしたメニューと日本酒の相性に驚かされ、スパイスや辛い物を難なく受け止める日本酒の包容力に改めて気づかされる。店内は居酒屋と言うよりもカフェのような風貌で、店主の佐藤健一さんと麻衣子さん夫妻が醸し出すほんわかした雰囲気にも和める。日本酒と共に紹興酒やワインもあるので、こちらも一緒に合わせてみれば、お酒と料理の世界はますます広がっていく。

サンマと雪菜の春巻き、冨玲 24BY 山田錦
864円、950円

脂がのったサンマを丸ごと包み込んだ豪華な春巻。雪菜の塩気が全体を上手くまとめる。漬物の雪菜の発酵した味わいと冨玲の熟成感がよく合う

洋梨のカッチュンバルサラダ
626円

インドの野菜料理カッチュンバルはフルーツを入れることでより日本酒との相性がUP

紅麹で漬けた焼豚 巨峰の紹興酒漬け
702円

紅麹の旨みが日本酒や紹興酒と抜群に合う

酉与(よ)右衛門山田50%
896円(100㎖)

協会7号酵母にこだわり、食中酒を目指す岩手の川村酒造が造る酉与(よ)右衛門。純米吟醸を袋吊りで絞った生酒は熟成が進むと凝縮した味わいとなり、インパクトのある料理にも合う

お店からの一言

店主 佐藤健一さん
麻衣子さん

「熟成した日本酒などお燗向きのお酒を揃えています」

SUGAR sake&coffee

[住所]東京都杉並区阿佐谷南3-34-9 フォレストワン2階 [TEL]03-6279-9451 [営業時間]18時~23時LO [休日]水 [席]カウンター7席、テーブル10席、計17席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代324円別 [交通アクセス]JR中央線ほか阿佐ヶ谷駅南口から徒歩5分

電話番号 03-6279-9451
2017年11月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル