MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
約50年間、変わらない「トリアノン」の味と盛り付け王道プリン・ア・ラ・モードは、これだ!(ケーキ/大久保)

約50年間、変わらない「トリアノン」の味と盛り付け王道プリン・ア・ラ・モードは、これだ!(ケーキ/大久保)

昭和35年創業の老舗洋菓子店「トリアノン」。高円寺店、三鷹店もあるが、プリン・ア・ラ・モードを楽しめるのは大久保店のみ。大久保店開店の昭和41年からずっとある人気メニューだ。盛り付けも当時のままで、平成の世では見かけなくなったステンレスの専用皿を、今も使っている。[交]JR山手線大久保駅から徒歩1分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》約50年間、変わらない「トリアノン」の味と盛り付け王道プリン・ア・ラ・モードは、これだ!(ケーキ/大久保)の画像をチェック! navigate_next

トリアノン(最寄駅:大久保駅)

盛り付けも当時のままで、平成の世では見かけなくなったステンレスの専用皿を、今も使っている。「お客さまにもよく『この皿、まだあったのか!?』と驚かれます」と店長の鈴木一久さん。

プリン
565円

プリンと生クリームは自社工場製。生クリームは今風のもったりとしたタイプではなく、軽い口当たりで、プリンやフルーツとよく合う

玉子サンドイッチ
700円

薄く焼いた玉子焼きをはさんだ「玉子サンドイッチ」と、オーダーを受けてから作る「ジュース」(写真はいちご)もおすすめ

ジュース
670円

トリアノン

東京都新宿区百人町1-18-9 ☎03-3363-1731 [営]9時~21時 [休]無休 [交]JR山手線大久保駅から徒歩1分

電話番号 03-3363-1731
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
アップルパイが看板メニューのカフェ。10~3月は期間限定の味が加わり全4種類楽しめる。
千駄木にある、行列必至の『和栗や』が2018年5月に開いたモンブラン専門店。メニューはモンブランが2種類だけ。
外はカリカリ、中はしっとりの焼きたてフィナンシェが有名だが、知る人ぞ知る「フレーズ・シャンティ」も見逃せない。店のコンセプトである「美味しい瞬間」を表現するため、注文すると併設の厨房でとろとろの生クリームをかけて仕上げてくれる。
約30年前のオープン時から今も根強いファンをもつショートケーキ。2種類あり、ユニークなのがお酒入りの『ルージュ』だ。
スイーツ好きにとって垂涎の的である名パティスリー。ガトーフレーズの外見はまさに王道だが、シンプルだからこそ、オーナーシェフ・和泉光一さんのこだわりを体感できる。
特殊な機械で栗ペーストを搾り出すモンブランが、昨年人気を集めました。それをおとなの週末編集部では“天空系モンブラン”と命名。そんな“天空系”が楽しめる店を巡りました。
銚子港で水揚げされた釣りキンメをはじめ、新鮮で質の高い魚介を食べるなら、ここを訪れるべし! 創業は昭和41年。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
美味しいお店を求めて日頃から街をウオッチしている「おとなの週末」編集部。2020年、街ナカやスーパー、コンビニなどで目についたトレンドグルメを振り返ります。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル