SNSで最新情報をチェック

旬の桃の美味しさは格別だ。みずみずしくて、すっきり甘くて、噛みしめると口の中で果汁がほとばしる。いつまでも食べていたい。しかし、桃は痛みやすくて保存が効かない果物だ。長い一年の大半を、我々は美味しい桃なしで過ごさねばならない。そんな桃の美味しさを小さなゼリーに封じて、一口で「ちゅるっ」と頂けるお菓子がある。それがこの『ももちゅるる』(参考価格:733円税込)だ。

山梨県産の桃を使った『ももちゅるる』は、常温保存可能!

山梨県は桃の生産量が日本一の県だ。『ももちゅるる』はその山梨県産の桃を使用した、知る人ぞ知る山梨の銘菓。2019年に『やまなしギフトコンテスト』の最優秀賞に選ばれた製品で、道の駅やデパート、通販サイトなどで手に入る。後述するとおり味も魅力だが、『ももちゅるる』の特長として外せないのは、常温保存が可能という点だ。

バイクのツーリングやクルマのドライブで、ちょっとしたお土産を家族や友達に買って帰ることはままあるが、冷蔵や冷凍が必要なものはなかなか選べない。どうしてもとなればクーラーボックスを使うか、クール宅配便で送るしかない。桃のようにデリケートな青果物となればなおさらだ。

その点、常温で痛むことがない『ももちゅるる』は、圧倒的に扱いが楽だ。食品を扱う常識的な温度ならば、冷やさなくても品質に問題は生じない。賞味期限は製造から90日だ。

桃の果肉をピューレにしてから、果肉の食感に加工!

箱を開けると5個の『ももちゅるる』が現れる。
開封すると、杏仁豆腐にも似た本体があらわれる。
中央の桃ピューレは、果肉の食感だ。

常温保存可能な秘密は製造工程にある。桃の果肉をそのまま使うのではなくて、いったん桃ピューレにしてから果肉に似せて再加工してあるのだ。コンビニ弁当のゆで玉子が、いったん白身と黄身に分離させてから合体加工されている(ロングエッグと呼ばれる)ことを思い出す。似て非なる形態を経由させることで、均一性と安定性が保証されているのだ。

この『果肉』が中央に仕込まれ、その周りを包むのは杏仁豆腐にも似たゼリーだ。柔らかさが絶妙で、噛まずに舌先でも押しつぶせるし、噛めばゼリーの奥に隠された桃の果肉の食感が楽しめる。甘いシロップとともに「ちゅるっ」とひと口で頬張ることにより、口の中でデザートが完成する。常温のままだと甘みが強調され、冷やすと舌触りや喉越しの快感が増すので、好みの温度に調整したい。

シロップの甘みは強めで、べたついたりはしないが飲み物があったほうがいい。熱い緑茶、それも良すぎるものではなくて、かりがね(茎茶)あたりが合いそうだ。旅の土産話を語るお供に、うってつけのお菓子だといえる。

次のページ
まるで『罠(?)』のようなパッケージ開封方法!!...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

深澤 紳一
深澤 紳一

深澤 紳一

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…