MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内]のグルメ記事と写真のページ。創業明治22年の老舗でお寿司、というと敷居が高そうに聞こえるけど、平日昼は1080円から本格江戸前握りのセットが食べられる穴場。気軽なテーブル席もいいが、より優雅に味わいたいなら白木のカウンターへ。[アクセス]丸の内オアゾ6階

perm_media 《画像ギャラリー》[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)の画像をチェック! navigate_next

鮨 竹山 丸の内(最寄駅:東京駅)

昼からこっそり。粋な時間の過ごし方

旬ネタを盛り込んだ「季節のおすすめ」を頼むと、艶やかなマグロの赤身にはじまり、寒ブリやズワイガニ軍艦などがテンポよく繰り出される。板前さんとの会話も弾めば、昼から一杯やりたくなるので困ります。

季節のおすすめ握り(味噌汁、茶碗蒸し付き)
1350円

築地場外で一番の歴史を持つ『築地寿司清』が母体。右端は煮イカにシャリを詰めた「イカの印籠詰め」

お店からの一言

店長 福本浩士さん

「築地魚河岸の自慢の握りをお気軽に!」

鮨 竹山 丸の内の店舗情報

[住所]丸の内オアゾ6階 [TEL]03-5220-6591 [営業時間]11時~15時LO、17時~23時(21時45分LO)※ランチタイム有 [休日]不定休(施設に準ずる) [席]35席/昼は全席禁煙/昼は2000円以上(1名)利用時のみ予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR東京駅丸の内北口、地下鉄丸ノ内線東京駅から徒歩すぐ

電話番号 03-5220-6591
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
最新記事
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で12月1日、焚き火の使用が解禁されました。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
get_app
ダウンロードする
キャンセル