MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(50) 吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(50) 吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件

吉祥寺のビアガーデンに希望がもてないこの夏、私はクラフトビールでも飲もうかなぁと思っていた。ここ1~2年、吉祥寺には続々とクラフトビールの店がオープンしている。しかし、なぜかクラフトビールの店でカレーを食べてしまう今日このごろ……。やっぱ夏はカレーだよな、と思ったおっさん女子なので、ここで紹介しようと思う。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(50) 吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件


昨年、連載第5回で吉祥寺東急デパート屋上のビアガーデンに期待を込めたおっさん女子であった……。

しかし、2018年夏の屋上ビアガーデンは、なんとBBQになりました……。

がっくり。

もういいよ、BBQ系ビアガーデン……。


しかも吉祥寺東急デパートは、ファーマーズBBQっていう設定ですごくこだわっているようだが……。

まあ、ファミリー層狙いなんでしょうか? 

おっさんパラダイスではない模様。

ちなみに、銀座松屋の2018年のビアガーデンは『美しくなるビアガーデン 美カラダ』です。

もう松屋はブレないですね。

絶対的な女子パラダイスです。

銀座すげえよ!


そんなこんなで、吉祥寺のビアガーデンに希望が持てないこの夏、私はクラフトビールでも飲もうかなぁ、と思っていたワケです。

しかし、なぜかクラフトビールの店でカレーを食べてしまう今日このごろ……。

ここ1~2年、吉祥寺には続々とクラフトビールの店がオープンしているワケなんですよ。

さらに、そろそろ閉店する店も出てきているくらいなんですけどね……。

実は、クラフトビールの店にランチがあるんですよ。

もちろんついでに昼ビールもどうぞ、という設定です。


しかし、ランチのカレーがいいぞ! 

やっぱ夏はカレーだよな、と思ったおっさん女子なので、ここで2軒紹介してみようと思います。

イラスト/スタジヲワンツー

クラフトビールの店『Y』の、クラフトビールを使って煮込んだ『カレー&ハヤシ』


まず吉祥寺のど真ん中、コピス吉祥寺のナナメ前にあるクラフトビールの店『Y』。

地下にある店ですが、けっこうなキャパがあるビアホールです。

ここはランチが非常に充実しているんですが、『カレー&ハヤシ』がおすすめです。

クラフトビールを使って煮込んだカレーとハヤシが各1種類で、ふたつの味が楽しめちゃう。

ちなみにカレーは「水曜日のネコ」、ハヤシは「東京ブラック」というビールを使用。

そして、お米は15穀米です。

さらに、ドーンと存在感のあるオリジナルソーセージが1本鎮座しております。

付け合わせも温野菜&ポテトフライなどボリューミー。

けっこうな重量感です。

そして、一口ビール&ドリンクがついております。

しかも、ドリンクのお替わりがフリー。

これで1000円(税別)。

かなりのコスパです。

しかし、一口ビール……。

なんて危険な飲み物なんでしょうか……。

そこから、もちろん昼ビールに突入することもできますよ……。

女性客が多いですが、恋人同士ではない男女2人連れも多いです。

職場や学校の友達っていう雰囲気。

私が行ったある日は、どうみても堅気の会社員と思われるスーツ姿の男性が10人くらいで、昼宴会をやっていました……。

何かの打ち上げなんでしょうか? 

しかも、昼2時くらいに酔っぱらっていて、楽しそうでした。

ちょっと混ざりたかった、おっさん女子であった。


もう1軒は、アトレ吉祥寺に入っているクラフトビールの店『C』の、琉球チャイニーズ(?)『マッサマンカレー』


いやー、食欲ないし、そんなボリューミーじゃなくていいよ、という人におすすめなのは、アトレ吉祥寺に入っているクラフトビールの店『C』。

琉球チャイニーズという、よくわからないけど、まあ美味しいから、いいと思います……というコンセプト(笑)。

しかしここにですね、なんと『マッサマンカレー』があるんですよ。

タイ王国に起源を持つタイカレーです。

2011年のCNNインターナショナルで『世界で最も美味な料理ランキング』で1位を獲得したカレーだよ。

しかも『C』ではクラフトビールで煮込んであるんですけど、ココナッツ風味で具はチキンとジャガイモというシンプルさ。

ルーはサラサラで、食べた瞬間は辛くないですが、あとからジワっと系です。

こちらは六穀米を使用。

けっこうライトなカレーなので、夏バテ気味で何か食べたいけど、重いのはNGっていう人に特におすすめ。

もちろん昼ビールもつけられますよ……。

危険。



しかし、クラフトビール屋さんのカレーの米は、なぜか雑穀米……。

昼ビールのカロリー罪悪感を減らす目的か……?


吉祥寺のクラフトビール屋さんで、なぜかカレー……。

どう考えてもブームにはならないと思います(苦笑)。


食べる理由は、ただひとつ「そこにカレーがあるから」です。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル