MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(51) 夏はやっぱり吉祥寺で“冷たい麺”だよね、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(51) 夏はやっぱり吉祥寺で“冷たい麺”だよね、の件

白いご飯が大好きなおっさん女子ですが、夏は白いご飯がしんどい季節……。というわけで今回は、冷たくて美味しい、吉祥寺の『冷たい麺』のお店を、独断で紹介してみようと思います。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(51) 夏はやっぱり吉祥寺で“冷たい麺”だよね、の件の画像をチェック! navigate_next

夏はやっぱり吉祥寺で“冷たい麺”だよね、の件


白いご飯が大好きなおっさん女子ですが(連載13回参照)、夏は白いご飯がしんどい季節……。

自炊も、気合の入らない冷やし中華、何の変哲も工夫もない素麺、超テキトーなサラスパのようなもの、ニセ釜玉風うどん、というマンネリ&惰性&料理の腕に問題あり……。

そんなメニューがローテーションされる季節……。


やっぱり、もっと手の込んだ、私には作れない冷たくて美味しい麺類が食べたいわよ。

というワケで、そんな観点から吉祥寺のお店を独断で紹介してみようと思います。

イラスト/スタジヲワンツー



まずは、コピス吉祥寺の地下にある和風な店名『そば処Z』。

ちなみにアトレヴィ三鷹にも入っています。

ここの夏限定の冷たい麺のメニューは豊富です。

なかでも私のイチ押しは『桜そば』。

桜エビの天ぷら(っていうかフリッター風)、大根おろし、ネギ、ほうれん草、海苔などがトッピングされ、思いっきり混ぜて食べます。

なんか私って、思いっきり混ぜて食べる食べ物が好きなのねと、この連載で己を知りました(連載34回参照)。

お蕎麦自体は、透明っぽいつるつる系で、夏にぴったり。

お好みでわさびをイン。

けっこうボリューミーで、『食べた感』があります。

もう少しあっさり系がいいなぁ、という人は『梅おろしそば』がいいかも。

こっちは、しらすと大根おろし&梅干しの超さっぱり系です。

なんか和風も飽きたわ……という人には、なんと『もち麦うどん バジル』という、イタリア風の攻めている冷たい麺もあるよ。

私は蕎麦屋では攻めないおっさん女子ですが、トマトの赤とバジルの緑のコントラストが涼し気なビジュアルでいいと思う。


パンチ重視のおっさんには、中華屋『B』の夏限定メニュー、『冷やし黒ごま坦坦麵』はどうでしょう?


いや、夏の冷たい麺にはパンチを求めているんだ~っ! という人なら、同じくコピス吉祥寺地下の『B』にGO! 

連載15回で紹介しましたが、何を食べても比較的合格点を出せる中華屋さんです。

ここの夏限定メニュー『冷やし黒ごま坦坦麵』はどうでしょう? 

ちなみに定番メニューの坦坦麵もパンチがあって美味しいです。

定番は、白ごま、黒ごま、エビ味、汁なしなど種類も辛さも豊富です。

担坦麵好きの方は、ぜひどうぞ!

ちなみに夏限定冷やし中華も“昔ながら”っていう感じのベーシックな感じですが、具沢山で美味しいです。

私の夏の冷たい麺大本命は、東急吉祥寺デパート内の中華料理『T』の、夏限定『冷やし中華そば』である!


しかし、私の夏の冷たい麺大本命は、東急吉祥寺デパートに入っている中華料理『T』の、夏限定『冷やし中華そば』である。

なんと、お値段にパンチがありますよ。

1998円(税込み)でございます。

普通麺と、ほうれん草を練り込んだ翡翠麺が選べるけど、これは好みかなぁ……と思う。

私は攻めないタイプなので、普通麺押し。

超極細ストレート麺で、具は、錦糸卵、エビ、イカ、チャーシュー、蒸し鶏、ナス、キュウリ、トマト、シイタケ、きくらげ、シャンツアイが乗っかっており、超ゴージャス。

さらにタレが、ゴマダレと醤油ダレが別々に運ばれてきて、なんと自分でブレンドして食べます。

単品で味わってもいいし、ブレンドしても美味しいです。

私は醤油派ですが、醤油3:ゴマ1くらいで、調節。

しかし、お味が上品なので、けっこうたくさんタレをかけてもOKよ! 

お値段だけの価値あり!

そして上品なわりに、満足感&満腹感があります。


私の作る貧相な冷やし中華とは一線を画すゴージャスな冷たい麺……。

自力が無理なら他力でOK! 

そんな人生訓すらひねり出せそうです……。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
ピスタチオ、フランボワーズ、ミルク、チョコ。それぞれの濃厚な味わいが舌の上で主張したあと、スッと消えていくようなあっさりとした食後感が印象的だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル