MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!

本当に美味しい店を紹介するために、覆面取材という手法でリサーチをする『おとなの週末』。これまで私も数多くの店に足を運んだのだが、丼もの特集において、不動の上位にランクインする店がある。 名古屋駅のJRセントラルタワーズ13階にある『とり五鐵』がそれだ。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(44) 東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!の画像をチェック! navigate_next

東京・人形町『玉ひで』プロデュースの鶏料理店『とり五鐵』がリニューアルオープン!


本当に美味しい店を紹介するために『おとなの週末』は、ライターが客として店を訪ねる覆面取材という手法でリサーチをしている。

これまで私も数多くの店に足を運んだのだが、丼もの特集において、不動の上位にランクインする店がある。


名古屋駅のJRセントラルタワーズ13階にある『とり五鐵』がそれだ。

ここは、東京・人形町で行列のできる親子丼の店として有名な老舗鶏料理店『玉ひで』の八代目当主、山田耕之亮氏がプロデュースした店である。


『とり五鐵』以外にも名古屋には東京の有名シェフが監修した店が数多くある。

東京ブランドに弱く、それらをもてはやす名古屋人や地元マスコミを、私は冷ややかな目で見ていた。

では、なぜ私は『とり五鐵』に足を運んだのか。

ただ単に、『玉ひで』プロデュースということを知らなかっただけである(笑)。



おっと、前置きが長くなった。そんな『とり五鐵』が今年8月にリニューアルオープンしたのである。

私があまりの美味しさに驚愕したのは、ここの「名古屋コーチン親子丼」(1580円)。

有名シェフ監修の店にありがちなのは、東京の本店の味をそのまま持ってくること。

オマケ的に名古屋限定メニューを作ることはあっても、メインはあくまでも東京の味なのだ。


そのほうがラクだし、なによりも東京の有名店というだけで名古屋人は色めきだつのでプロモーションをする必要もないのだ。

が、熱しやすく冷めやすいのも名古屋人気質。

3年も経つころにはオープン当初の行列もなくなるので、長い目で見ると、看板だけで商売するのはかなりのリスクを背負うことになると思うのだが……。



しかし、『とり五鐵』は違うのである。

2006(平成18)年にオープンする際、山田氏は名古屋で好まれる味を徹底的に研究した。

地元産のしょうゆやみりんを使い、名古屋人好みの味に仕上げているのだ。


「名古屋コーチン親子丼」のみならず、ココの親子丼の特徴は、卵の絶妙なとろみ加減。

トロトロ、フワフワの卵が丼ものの美味しさを決定づけるご飯との一体感を生み出し、最後の一粒まで美味しく食べられる。


昼の営業では「名古屋コーチン親子丼」をはじめ親子丼の単品のほか、手羽先唐揚げが付く「手羽先から揚げセット」(2100円)や、鶏きしめんが付く「鶏きしめんセット」(1980円)、手羽元のどて煮と手羽先唐揚げ、味噌かつが付く「名古屋名物膳」(写真・2800円)を用意している。


夜は「焼き鳥3本セット」(750円)や「名古屋コーチンやわらかレバー」(500円)などの酒の肴が豊富にそろう。

また、名古屋コーチンと銘柄鶏を用いた全7品の「地鶏と銘柄鶏の食べ比べコース」(5500円)などのコースも好評だ。


コースのメインは、名古屋コーチンのすき焼き、いわゆる「ひきずり鍋」。

愛知県西部、尾張地方の郷土料理で、食べる際に鶏肉を鉄鍋の底をひきずるようにして食べたのがその名の由来だ(諸説あり)。

そこから、「過去をひきずらないように」と、験を担ぐ意味で年末に食べられていた。

少し気が早いかもしれないが、忘年会にはぴったりのメニューだ。


『玉ひで』八代目当主、山田耕之亮氏が名古屋の味を研究して生まれた親子丼など料理の数々。

地元在住の私が食べてもなんら違和感を覚えないのは、260年間にわたって鶏料理と向かい合ってきたからにほかならない。

これが老舗の矜持ではなかろうか。


■とり五鐵
[住所]愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ13階
[TEL]052-433-5102
[営業時間]11時~16時(15時半L.O.)、17時~23時(22時L.O.)※土、日、祝は11時~23時(22時L.O.)
[休日]無休






永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連するキーワード
関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル