MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Bar Kokage|開高スピリッツを引き継ぎつつ今に生きるバー(バー/赤坂見附)

Bar Kokage|開高スピリッツを引き継ぎつつ今に生きるバー(バー/赤坂見附)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、1977年に始まった「Bar Kokage」は、作家・開高健が愛したバーとして知られている。まず飲みたいのは「開高マティーニ」。L字型カウンター、奥から2番めの開高がいつも座った席には、氏の好きな言葉がプレートに刻みはめこまれ、いまもそっと面影を残す。[交]赤坂見附駅徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》Bar Kokage|開高スピリッツを引き継ぎつつ今に生きるバー(バー/赤坂見附)の画像をチェック! navigate_next

Bar Kokage|バーコカゲ(最寄駅:赤坂見附駅)

 1977年に始まったここは、作家・開高健が愛したバーとして知られている。 赤坂・一ツ木通りが青山通りに突き当たろうというあたり。かつてサントリーの前身、壽屋宣伝部でも活躍した開高が愛した店らしく、クラシックであるとともに、どこか洒脱な雰囲気が漂う。 まず飲みたいのは「開高マティーニ」。開高が求めた理想のレシピは、とにかく冷たいマティーニ。ジンからミキシンググラスまですべてが固く冷やされて供され、一分の隙もなくキュッと引き締まっている。作家はいつも早い時間に訪れると、これを「歯茎で味わうマティーニ」と言って飲み干したとか。 レシピは変わらず今に引き継ぐが、カウンターに立つ高橋恵未さんは、「開高さんを知らない世代」。長く店主を勤めた先代の奥様・木家下玲子さんが2012年に引退。先代のマスターと親交のあった渋谷の『松濤倶楽部』に引き継がれ、今冬から高橋さんが任されることに。「変えてはいけない部分とともに、新風もと考えています」 昔からの常連も変わらずいれば、若い世代にも敷居が高くない雰囲気もいい。L字型カウンター、奥から2番めの開高がいつも座った席には、氏の好きな言葉がプレートに刻みはめこまれ、いまもそっと面影を残す。

「開高マティーニ」
2000円

「開高マティーニ」は刃のように冷たい

カンパリオレンジ
2000円

先代からのレシピ、カンパリオレンジ、熱々の「エスカルゴ」も人気

エスカルゴ
1500円

Bar Kokage|バーコカゲ

[住所]東京都港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1 [TEL]03-3582-5944 [営]17時~翌2時、土16時~23時 [休]日・祝(年末休12/29〜1/4) [席]カウンター9席、テーブル席9席、半個室3席、計21席/禁煙席なし/カード可/予約可/チャージ1000円 [交]銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅A出口より徒歩1分

電話番号 03-3582-5944
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
扉を開けて店に入ると、圧巻の光景が広がる。壁一面に設置された天井まで届く書架には、古今東西の稀少本……ではなく、世界中のウイスキーがびっしり。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル