MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Bar Kokage|開高スピリッツを引き継ぎつつ今に生きるバー(バー/赤坂見附)

Bar Kokage|開高スピリッツを引き継ぎつつ今に生きるバー(バー/赤坂見附)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、1977年に始まった「Bar Kokage」は、作家・開高健が愛したバーとして知られている。まず飲みたいのは「開高マティーニ」。L字型カウンター、奥から2番めの開高がいつも座った席には、氏の好きな言葉がプレートに刻みはめこまれ、いまもそっと面影を残す。[交]赤坂見附駅徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》Bar Kokage|開高スピリッツを引き継ぎつつ今に生きるバー(バー/赤坂見附)の画像をチェック! navigate_next

Bar Kokage|バーコカゲ(最寄駅:赤坂見附駅)

 1977年に始まったここは、作家・開高健が愛したバーとして知られている。 赤坂・一ツ木通りが青山通りに突き当たろうというあたり。かつてサントリーの前身、壽屋宣伝部でも活躍した開高が愛した店らしく、クラシックであるとともに、どこか洒脱な雰囲気が漂う。 まず飲みたいのは「開高マティーニ」。開高が求めた理想のレシピは、とにかく冷たいマティーニ。ジンからミキシンググラスまですべてが固く冷やされて供され、一分の隙もなくキュッと引き締まっている。作家はいつも早い時間に訪れると、これを「歯茎で味わうマティーニ」と言って飲み干したとか。 レシピは変わらず今に引き継ぐが、カウンターに立つ高橋恵未さんは、「開高さんを知らない世代」。長く店主を勤めた先代の奥様・木家下玲子さんが2012年に引退。先代のマスターと親交のあった渋谷の『松濤倶楽部』に引き継がれ、今冬から高橋さんが任されることに。「変えてはいけない部分とともに、新風もと考えています」 昔からの常連も変わらずいれば、若い世代にも敷居が高くない雰囲気もいい。L字型カウンター、奥から2番めの開高がいつも座った席には、氏の好きな言葉がプレートに刻みはめこまれ、いまもそっと面影を残す。

「開高マティーニ」
2000円

「開高マティーニ」は刃のように冷たい

カンパリオレンジ
2000円

先代からのレシピ、カンパリオレンジ、熱々の「エスカルゴ」も人気

エスカルゴ
1500円

Bar Kokage|バーコカゲ

[住所]東京都港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1 [TEL]03-3582-5944 [営]17時~翌2時、土16時~23時 [休]日・祝(年末休12/29〜1/4) [席]カウンター9席、テーブル席9席、半個室3席、計21席/禁煙席なし/カード可/予約可/チャージ1000円 [交]銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅A出口より徒歩1分

電話番号 03-3582-5944
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カフェ&バーのチェーン店「PRONTO(プロント)」を展開するプロントコーポレーション(東京都港区)は6月21日から、プロントの新たな夜の業態「キッサカバ(喫茶酒場)」を本格的にスタートさせました。従来のプロントとどう違うのか。なぜ、いま業態を変えるのか。担当者に聞いてみました。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。“ユーミン”こと松任谷由実の最終回では、名曲誕生の秘密が明かされます。そして、筆者が推すユーミンのベスト3を紹介します。
艶やかでずっしりと重たい丼は、見るからに美味しそうで食べ応えも満点。しかも短時間で味わえて、ひとりでも、グループでも楽しめて食べ勝手も抜群です。中でも、人気の親子丼、カツ丼、その他の肉の丼、海鮮丼、天丼。さらには中華店や蕎麦屋の丼まで。どどんとご紹介します! ほか、「ごはんのお供」、「味噌生活のススメ」特集もあります。
ハワイ・マウイ島から2019年7月に日本初上陸。元ミシュラン星付きレストランのシェフだったというグレン・シムキンズ氏のレシピで作られた、オーガニック&非乳製品のココナッツアイスクリームが味わえる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル