MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Bar Kokage|開高スピリッツを引き継ぎつつ今に生きるバー(バー/赤坂見附)

Bar Kokage|開高スピリッツを引き継ぎつつ今に生きるバー(バー/赤坂見附)

「昭和の文人たちが愛したバー」特集掲載店、1977年に始まった「Bar Kokage」は、作家・開高健が愛したバーとして知られている。まず飲みたいのは「開高マティーニ」。L字型カウンター、奥から2番めの開高がいつも座った席には、氏の好きな言葉がプレートに刻みはめこまれ、いまもそっと面影を残す。[交]赤坂見附駅徒歩1分

Bar Kokage|バーコカゲ(最寄駅:赤坂見附駅)

 1977年に始まったここは、作家・開高健が愛したバーとして知られている。 赤坂・一ツ木通りが青山通りに突き当たろうというあたり。かつてサントリーの前身、壽屋宣伝部でも活躍した開高が愛した店らしく、クラシックであるとともに、どこか洒脱な雰囲気が漂う。 まず飲みたいのは「開高マティーニ」。開高が求めた理想のレシピは、とにかく冷たいマティーニ。ジンからミキシンググラスまですべてが固く冷やされて供され、一分の隙もなくキュッと引き締まっている。作家はいつも早い時間に訪れると、これを「歯茎で味わうマティーニ」と言って飲み干したとか。 レシピは変わらず今に引き継ぐが、カウンターに立つ高橋恵未さんは、「開高さんを知らない世代」。長く店主を勤めた先代の奥様・木家下玲子さんが2012年に引退。先代のマスターと親交のあった渋谷の『松濤倶楽部』に引き継がれ、今冬から高橋さんが任されることに。「変えてはいけない部分とともに、新風もと考えています」 昔からの常連も変わらずいれば、若い世代にも敷居が高くない雰囲気もいい。L字型カウンター、奥から2番めの開高がいつも座った席には、氏の好きな言葉がプレートに刻みはめこまれ、いまもそっと面影を残す。

「開高マティーニ」
2000円

「開高マティーニ」は刃のように冷たい

カンパリオレンジ
2000円

先代からのレシピ、カンパリオレンジ、熱々の「エスカルゴ」も人気

エスカルゴ
1500円

Bar Kokage|バーコカゲ

[住所]東京都港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1 [TEL]03-3582-5944 [営]17時~翌2時、土16時~23時 [休]日・祝(年末休12/29〜1/4) [席]カウンター9席、テーブル席9席、半個室3席、計21席/禁煙席なし/カード可/予約可/チャージ1000円 [交]銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅A出口より徒歩1分

電話番号 03-3582-5944
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt