MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
秋葉原『さま田』の独創的カツ丼はぜひ一度食べるべし!

秋葉原『さま田』の独創的カツ丼はぜひ一度食べるべし!

秋葉原「さま田」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階

炉端バル さま田(最寄駅:秋葉原駅)

ここにしかない独創的カツ丼メガ盛りでなくともぜひ一度食べるべし

食べる際にオムレツを割り、卵とじ風にするのがポイントだ。煮込まれたカツ、玉ネギソース、半熟オムレツが渾然と絡み合ったその味は、かっこみ&完食したい旨さなり。

とろとろ玉子の角煮かつ丼
950円(カツダブル・ご飯大盛)

カツの美味しさもさることながら、味の決め手は玉ネギソース。醤油、ダシ、みりんに玉ネギを加えペースト状にしたもので、甘じょっぱく、なんともご飯のすすむ味なのだ

さま田ポテサラ
580円

ポテトの上にはガリのきんぴら。爽やかな辛みと歯応えがアクセントとなり、実に酒を呼ぶ逸品だ

お店からの一言

店主 佐俣 孝さん

「カツダブルにご飯普通盛りがオススメです」

炉端バル さま田の店舗情報

■『炉端バル さま田』
[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階
[TEL]03-5829-9618
[営業時間]11時半~14時半(14時LO、土曜日・日曜日・祝日をのぞく平日のみ)、17時~23時半(23時LO)※ランチタイム有
[休日]不定休
[座席]計50席/喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し代200円別
[アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通口から徒歩6分

電話番号 03-5829-9618
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。
丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結
期せずして、脇を固めていた一品が人気メニューになることがある。銀座4丁目の人気焼き鳥店『ばぁーどはうす○勝(まるかつ)』が、ランチや夜の〆で提供していた親子丼がそれだ。
6038views 銀座グルメ
下町うまいもん散歩 柴又特集掲載店。帝釈天参道に漂う香ばしいごま油の香りは、この店から漂う魅惑のシグナル! 店頭の大鍋で揚げられたエビやキス、ししとうといった天ぷらに回しかけられる甘じょっぱい天ツユは、心も胃袋も満足すること間違いなし。
6592views 柴又グルメ
元々は、天神にあった「友楽寿司」がランチとして提供していたかつ丼。大人気により、専門店を開いたのが始まりだ。かつ丼 友楽(丼/薬院)
9888views 薬院グルメ
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
221views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt