MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
エビもカツも一度に楽しめる贅沢丼が人気!西新宿『とんかつ伊勢』

エビもカツも一度に楽しめる贅沢丼が人気!西新宿『とんかつ伊勢』

昭和53年、ビルの竣工と共にできた店で、昼時には会社員でにぎわう。大きめの丼からはみ出すエビフライ、そして国産豚のヒレカツがのって1000円で収まり、働く人を応援する価格帯も人気の秘密だ。

とんかつ伊勢 新宿野村ビル店(最寄駅:西新宿駅)

エビもカツも一度に楽しめる卵たっぷりの贅沢丼!

揚げ油はくどくならないよう、綿実油と菜種油を独自に配合したもの。やや荒挽きの生パン粉には耳部分を少し混ぜ、揚げたときに香ばしさが出るようにという工夫も。パン粉がしっかり立ったカツにはLサイズの卵ふたつ分の半熟溶き卵がかかり、タレの甘みになじんでいく。エビとヒレ、贅沢にかぶりつこう。

海老・ひれかつ丼
1000円

エビはヒレカツや卵と一緒に煮込まないことで、エビの柔らかさとアタマとしっぽのサクっとした食感をキープ

単品キャベツ
110円

これでもか! とうず高く盛られたキャベツは、110円でお替り自由(丼以外の定食メニューは無料のキャベツ付き)

ロースかつ丼
880円

肉は170℃でゆっくり火を入れ、柔らかくジューシーに仕上げている

お店からの一言

料理長 岩間勤さん

「四元豚の週替わりランチも大人気です」

とんかつ伊勢 新宿野村ビル店の店舗情報

[住所]東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル地下2階 [TEL]03-3346-2361 [営業時間]11時~15時、17時~22時(21時LO)、日17時~20時(19時LO)のみ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計50席/ランチのみ全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄丸の内線西新宿駅C4出口直結

電話番号 03-3346-2361
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2018年9月、うれしいニュースに街がわいた。あの『逸業』が半年ぶりに復活!。
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。
基本的に定食類、弁当類は、鶏唐揚げデフォルトの脂っぽいおっさん女子とは、私のこと。 自粛要請というもののおかげで、今まで行かなかった居酒屋系の、ランチでのテイクアウトを食することができたのである……。そこで今回は、吉祥寺のおつまみ系鶏唐揚げのおすすめをご紹介だ!
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt