MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
どっちが旨い!?【玉子サンド】関東(マッキー牧本)vs 関西(門上武司)対決!

どっちが旨い!?【玉子サンド】関東(マッキー牧本)vs 関西(門上武司)対決!

目にすると、何故だかとてもシアワセな気持ちになる、黄色いハンカチならぬ、黄色い玉子をはさんだ〈玉子サンド〉。ごくごく平凡を装ったこのメニューは、見るたび、思い出すたび、妙~~に(無性に)食べたくなる、魔性の味なのです。文/門上武司、マッキー牧元 撮影/鵜澤昭彦(東)、ツジノワタル(西)

今回のお題【玉子サンド】

【東】マッキー牧元 玉子サンド 喫茶YOUの「オムレツサンド(ドリンクセット)」

 門上さん、玉子サンドといえば、京都がメッカですよね。ネット検索で「玉子サンド」と入れれば、即刻「玉子サンド 京都」と、出てくるほどです。僕も京都で何軒か食べて、心つかまれました。

 しかし後塵を拝していた東京も、いまや玉子サンドが盛んなのです。通常のスクランブルエッグ系だけでなく、目玉焼きにゆで卵、出し巻き玉子にスフレと、百花繚乱です。そのなかで今回は、オムレツを選びました。オムライスで有名な喫茶店『YOU』の「オムレツサンド」です。

 ふわりと仕上げた紡錘形の美しいオムレツを、温めたパンの間にそっと挟む。僕はこの食感を損なわないよう、パンを上下からは掴みません。これ以上の圧力をかけてはいけない。だからパンを左右に配置して食べるのです。こうして食べると、まず唇に、ふんわりとオムレツがキスをする。次にむむっと舌に玉子の甘みが広がります。パンにはうっすらマーガリンとマヨネーズが塗られていますが、味わいはこの上なくオムレツに肩入れしたサンドなのです。

 僕は後半になって、ちょっとだけ塩をかけてみます。すると甘みが膨らんで、玉子が笑う。そこで一緒に頼んだコーヒーを、ひとすすりします。

 この幸せは、なにものにも変えられません。門上さん、幸福を共有しませんか。

ふわふわオムレツは 初恋の味のごとき イケナイ食感。 あぁ、うっとり……

▲オムレツサンド(ドリンクセット) 1100円
サンドを「齧る」ということが不可能なほどフワフワのオムレツ。
「この玉子サンドを食べるときは、あくまでもそっと優しく。食べ終えたあと、思わず“ほぅ”っと吐息が漏れる味わいなんだな」(牧)

[住所]東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F・2F
[TEL]03-6226-0482 10時~21時(20時LO)※食事の販売は11時半~
[休日]無休(年末年始を除く)
[席]1F:14席、2F:34席/計48席 カード不可/予約可(土・日・祝を除く)/サなし
[交通アクセス]地下鉄日比谷線東銀座駅3番出口から徒歩1分

※オムレツサンドは750円+箱代50円でテイクアウト可。
ほか、サンドイッチ、オムライスなどもテイクアウトOK。

【西】門上武司 グリル グリーンの「タマゴサンド」

 関西には数年前に惜しまれながら店を閉じた洋食店があり、そこの玉子サンドは名物でありました。オムレツを焼き、それを三つ折りにしてパンに挟む。確実に玉子がパンの量を凌駕しているのです。そのレシピを再現する喫茶店も登場し、ファンはホッと胸をなでおろしたのでした。

 多分に漏れず僕もその一人だったのですが、実はもう一軒、大好きな玉子サンドを供するコーヒー店がありました。ところがそちらは、姿を消したままになっていたのです。すると友人から、「あのグリーンが祇園で復活した」という朗報が。なんとコーヒー店から、カウンターの洋食店に変身したのです。

 かつては厨房で作られていた玉子サンド。今度は調理の様子が見えるのです。驚いたことに、主の足立浩行さんはフランパンに溶き玉子を入れ、なんとフライパンをゆっくり回しながら、玉子を四角形に焼き上げてゆくのです。つまり食パンのサイズに合わせ焼くということになります。

 味付けはバターと塩、コショウのみ。折り畳むことがないので、厚焼き玉子はびっしりパンと接地しています。ふんわりというより、詰まった感じが食べ応えに繋がります。圧倒的な玉子の存在感には、これぞ玉子サンドという矜持すら感じるのです。

 牧元さん、祇園の洋食屋にぜひどうぞ!

見よ、この堂々たる姿。その圧倒的な存在感に、思わず襟を正したくなるような“ザ・玉子サンド”

見るからに凝縮&重量感のある玉子焼きが、圧巻。
「現在は洋食屋なのでステーキなども素晴らしいのですが、締めは迷うことなくこの玉子サンドとカレーライスというセットをおすすめします」(門)

[住所]京都府京都市東山区祇園町北側347-28 Fビル1F
[TEL]075-525-3117
[営業時間]18時~翌1時
[休日]日・祝
[席]カウンターのみ8席 カード可/予約可/サあり(別途10%)
[交通アクセス]京阪四条駅から徒歩7分
[HP]https://www.facebook.com/coffee.green.kyoto/

※アラカルトのほかコース(ステーキ8000円〜、おまかせ10000円~、
いずれも税サ別)もあり。

プロフィール

マッキー牧元/タベアルキストを自称して早30年、ひたすら美味しいものを食べ歩き、それを生業とすべく、各誌への寄稿に励むコラムニスト。東の食雑誌『味の手帖』編集主幹でもある。

門上武司/小誌でもおなじみの、あらゆる食情報に精通している西のグルメ王。食関連の執筆・編集を中心に、各メディアに露出多数。関西の食雑誌『あまから手帖』の編集顧問も務める。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1179views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21038views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt