MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】パクチーファン(タイ料理/新橋)「パクチー火鍋」のグルメ記事と写真

【閉店】パクチーファン(タイ料理/新橋)「パクチー火鍋」のグルメ記事と写真

実食して厳選した「2016年最旬鍋 大調査!」特集掲載の一品。「パクチーファン」の「パクチー火鍋」は辛い中にもコクと旨みのある激辛スープと薬膳風味の白湯スープ、どちらも香辛料がたっぷり入っておりエスニック感満点だ。パクチー好きならずとも一度は食べてみたい、注目の鍋だ。[交]JR新橋駅烏森口から徒歩5分

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】パクチーファン(タイ料理/新橋)「パクチー火鍋」のグルメ記事と写真の画像をチェック! navigate_next

【閉店】パクチーファン(最寄駅:新橋駅)

組み合わせ自在の3つのタレとパクチーの根で鍋の味に変化を付けて

辛い中にもコクと旨みのある激辛スープと薬膳風味の白湯スープ、どちらも香辛料がたっぷり入っておりエスニック感満点だ。これだけでも充分旨いが、さらにパクチーソース、ゴマダレ、タイスキソース、パクチーの根が添えられる。パクチー、玉ねぎ、にんにくやシーズニングソースなどから作ったパクチーソースは少々酸味があり、これにパクチーの根をぱらりとかけると中毒性のある味わいに。また、激辛スープとゴマダレを合わせると担々麺風の味に、とアレンジは自由自在だ。鶏、豚のほか、独特のクセのあるラム肉が、濃厚スープとタレに抜群に合う。パクチー好きならずとも一度は食べてみたい、注目の鍋だ。

パクチー火鍋1人前
840円

(写真は2人前)注文は1人前から可(その場合、価格は980円)
肉にとき卵を絡めてから鍋に入れると、辛さがやわらぐ。3種のタレは混ぜても、それぞれで食べても◎

パクチー麻婆豆腐
750円

甜麺醤やコチュジャン、四川山椒などがたっぷり入る。パクチーと好相性

〆のラーメン
300円

麺は太めでボリュームがあるが、つるりと食べられる

【閉店】パクチーファンの店舗情報

東京都港区新橋4-18-4村上ビル3階 ☎03-6432-4177 [営]17時~23時半、金17時~翌4時 [休]日・祝(※12月は日・祝も営業、年末年始は12/31〜1/6休) [席]カウンター8席、テーブル2席×1卓、4席×3卓 計22席/禁煙席なし/カード可/予約可/お通し300円別 [交]JR新橋駅烏森口から徒歩5分

電話番号 03-6432-4177
2016年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
東京都内に点在する自治体のアンテナショップでは、普段はお目にかかれない地方の特産品に出会えます。香川県と愛媛県が共同で運営する「せとうち旬彩館」の4月の「かくれた逸品」に選ばれたのは、香川の食品メーカーが開発した美味しいこんにゃく麺でした。
「ありそうでなかった、中華(広東)とタイ料理のいいとこどり」がコンセプト。屋台風の店内はカジュアルで、いつも活気に満ちている。
米麺で作るタイの炒め焼きそば“パッタイ”。後を引くコクと甘酸っぱさは、日本人の味覚にもっともハマるタイ料理のひとつだと思う。
ひっきりなしに訪れる客、エネルギッシュに飛び交う店員の声、ルミネの地下とは思えぬ、タイの屋台さながらの活気だ。現地から直輸入した調味料、スパイス、ハーブを駆使した、タイ人のベテランシェフによる料理は、どれを食べても本場の味に引けを取らない。
ホッピー、バイス、サワー類を揃え、昭和の大衆酒場的に楽しめるタイ料理だ。タイの中でもイサーン地方のグルメに特化し、現地から取り寄せる調味料やスパイスで、とことん本場の味を追求している。
最新記事
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル