MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(75) 吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(75) 吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件

おっさん女子といえども、私も女子の端くれ。女子会のお誘いというのもあるワケですよ。まあ12月って、そういうごはん会が多い季節。 それで、だいたいの流れ的に、ザックリとした場所を決めますよね。表参道とか代官山とか、恵比寿とか。 しかし場所が吉祥寺に設定されると、なぜかエスニック料理に票が集まるのである……。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(75) 吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件


おっさん女子といえども、私も女子の端くれ。

女子会のお誘いというのもあるワケですよ。

まあ12月って、そういうごはん会が多い季節だよね。

それで、だいたいの流れ的に、ザックリとした場所を決めますよね。

表参道とか代官山とか、恵比寿とか。

しかし場所が吉祥寺に設定されると、なぜかエスニック料理に票が集まるのである。

たま~にイタリアンがいい、という声もありますが、結局多数決で負けてエスニックなんだよな、吉祥寺。

恵比寿&代官山なんて、99%イタリアンで、表参道は和食だよ……(おっさん女子独断調べ)。


ちなみに私は、常にイタリアンに票を入れるおっさん女子ですが……(苦笑)。

どうして女子という生き物はエスニック料理が好きなのか? 

正真正銘の女子だろうが、おっさん女子だろうが、女子が数名集まろう! ということになったら、エスニック率高いよね……。


イラスト/スタジヲワンツー



場所が吉祥寺になった場合、地元民ということで、私が幹事になってしまう……。

そして店のセレクトを一任されてしまう……。

そんなときの私の心情は、連載57回をお読みください……。

そうなると、じゃあ、店はどこですか? ということになるけど、もうね、ほぼ一択ですよ。

選択肢が意外にないの。

私は3秒くらいで、中道通りを1本入ったところにある『A食堂』に決めちゃう。

カジュアルなタイ料理のお店です。

女子2名だったりすると、ほかの店という選択肢もあるんだけど、もう女子が3人以上ってなったら『A食堂』だな。

お店のキャパの関係が大きいんだけどね。

でもさー、『A食堂』は混んでいるので、予約が必須なのよ。

ちなみにランチはママ軍団で激混みなので、昼も予約したほうがベター。

そして夜は、おっさん女子会軍団で激混みなので、予約は必須ね!

あっ、夜は普通の若い女子軍団も多いけど……。

とりあえず、『A食堂』は、吉祥寺における女子会のメッカといっていいと思います。

料理は普通に美味しいですが、なんといってもポイントは、店内に解放感があり、ザワザワしているということです(笑)。

とにかく女子会は、うるさい。

喋る。

盛り上がる。

といった具合なんで、静かで閉塞感のある場所は、向いていません。

そして話の内容は、愚痴、悪口、ちょっと聞いてよ話、秘密の話、などなど、基本的に話しているとイヤ汁が出ていることが、しばしば。

『A食堂』には、そんなイヤ汁を中和する力があります! 

ちなみに個室で女子会をやると、自分たちのイヤ汁で煮詰まります(笑)。

外に発散しないとダメ。

ここのお店のスタッフさんは、テーブルにお酒がなくなると、すかさず『飲み物はいかがですか?』とオーダーのナイスフォローが入ります。

これは意外に重要で、アルコールでイヤ汁を消毒ですよ(笑)。

そして料理のスパイスでさらに浄化だ! 


一応、『A食堂』のオススメのメニューも紹介しておこう!


ちなみに『A食堂』でオーダーするべきメニューは、時期によって入れ替わる『季節のメニュー』と、青パパイヤのサラダ(ソムタムタイ)。

あとは、春雨のサラダ(ヤムウンセン)、揚げ春巻き、生春巻き、タイのさつま揚げ、オムレツ、空芯菜の炒め物あたりでしょうか? 

ヤムウンセンなど、ピーナッツがまぶしてある料理が香ばしくて特に美味しいです。

そして私は、ほかの女子の意見を聞かず勝手に“スパイシー海老せん”を頼みます(苦笑)。

これは、パリパリのおやつテイストで超美味しいです。

ビールによく合います。

おっさん女子会は各自が食べたいものをテキトーに、そして口々にオーダーするのが王道です。


『A食堂』は、間違いなく吉祥寺のエスニックの人気店ですが、デートには向かない気がする。

だって女子のイヤ汁がそこかしこに飛ぶんだもん……。

カップルの皆さんは、たとえば連載22回で紹介した『O酒場』や、『Y』に行ってください。

そのほうが、恋のステップが前進すると思います……(ただし結果は自己責任でお願いします)。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル