MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【錦糸町おすすめランチ】ライターおすすめの必食すべきお店 6選!

【錦糸町おすすめランチ】ライターおすすめの必食すべきお店 6選!

人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!

perm_media 《画像ギャラリー》【錦糸町おすすめランチ】ライターおすすめの必食すべきお店 6選!の画像をチェック! navigate_next

はじめに

スカイツリーに近いことで、住みたい街としてここ最近人気の高いエリア、錦糸町。大小たくさんの飲食店があり、オフィスもあるため、お昼ご飯の時間帯はどこのお店も活気で溢れています!
中でもおすすめしたいとっておきの情報を、ご紹介していきます。さっそくご覧ください!

錦糸町ランチ地図

まずは地図でお店の場所をご紹介します!

旨すぎるラーメン!

『真鯛らーめん 麺魚』

▲特製真鯛つけ麺 1050円

真鯛ラーメンといえばココ的存在の有名店。真鯛の中骨を一度に100㎏以上贅沢に使ったスープには溢れんばかりの鯛の旨みが詰まっている。
蕎麦を思わせる、石臼引き全粒粉のストレート中細麺を汁につけて食べれば、まず感じるのは圧倒的な鯛の旨み。そして、汁に入る炙った鯛のほぐし身の香ばしさが追いかけてきて、直球の美味しさに感動必至!

上品ながらも鯛の旨味がガツンと感じられる、ここでしか食べられないつけ麺!スープの潮の香りが食欲をそそり、一口味わうごとにあっという間に食べ終わってしまいます。
麺の上にのっているローストビーフのような「低温調理のチャーシュー」も美味。真鯛の美味しさを存分に楽しめる、至福の一杯です!

■『真鯛らーめん 麺魚』
[住所]東京都墨田区江東橋2-8-8 パークサイドマンション1階
[TEL]03-6659-9619
[営業時間]11時~21時 ※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]カウンターのみ、全16席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]JR総武線錦糸町駅南口から徒歩6分

『麺や 佐市』

▲牡蠣・拉麺 920円

原価率ギリ独特のスープを味わいに来てください!
何と言っても無化調で、カキをたっぷり使い旨みを凝縮して抽出したというスープがスゴイ。一杯換算で8個くらいは使ってる、という贅沢。

牡蠣好きに是非訪れて欲しい名店!大量の牡蠣が惜しみなく使われていて、まさに「海のミルク」を感じさせるクリーミーな濃厚スープは他では味わえません!牡蠣だけではなく、チャーシューも柔らかいと評判♪
見た目よりもあっさりしているので、最後の一滴まで飽きることなく食べられちゃいますよ!

■『麺や 佐市』
[住所]東京都墨田区錦糸4-6-9 小川ビル1階 
[TEL]03-3622-0141 
[営業時間]11時半~23時半(金・土~24時、日・祝~22時) 
[休日]無休 
[座席]カウンター10席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし 
[アクセス]JR総武線錦糸町駅北口から徒歩2分、地下鉄半蔵門線錦糸町駅5番出口から徒歩1分

がっつりお肉!

『Hamburg Will 錦糸町店』

▲モッツァレラチーズ (ランチ・170g)1100円

ガツンと言うよりやさしい旨さの岩中豚100%バーグ!
あっさりした中にも肉の旨みと脂の甘みが、じんわり旨〜っと広がるようなハンバーグだ。人気の柚子胡椒ソースなど3種のソース、温泉卵とも相性ばっちり。

コンセプトが「女性が一人でも入れる ハンバーグレストラン」とのことで、店内はとても清潔感があり、素材にもとことんこだわった、安心して食べられるハンバーグを提供しているお店です。
珍しいのが、牛肉ではなく「豚肉のみ100%」を使用していること!柔らかくてジューシー、且つ程よい食感もあり、お箸が止まらなくなります。
ソースが選べるのも嬉しいですね。

■『Hamburg Will 錦糸町店』
[住所]東京都墨田区太平4-6-17 シェグランほり川101 
[TEL]03-6658-8996 
[営]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜21時(20時LO) 
[休]無休 
[席]カウンター6席、テーブル18席 計24席/全席禁煙/予約夜のみ可/カード不可/サなし 
[交]地下鉄半蔵門線錦糸町駅4番出口から徒歩7分

喉ごしのよいうどん!

『分讃岐うどん あ季 時譚』

▲釜玉明太子うどん 820円

讃岐うどん×ワイン、その相性は?!
2017年11月に個性溢れる店がオープンした。定番の天ぷらや牛スジ煮込みに混じって、ローストビーフや鴨のロティといった洋のつまみが品書きに顔をのぞかせる。
「釜玉明太子うどん 」は、カルピスバターの風味と明太子のコク、そして三つ葉や海苔の香りが複雑に絡み合い、辛口の白ワインがベストマッチ!

細めでコシがあり、つるっと喉ごしのよいうどんが食べられる人気店!本場讃岐の製麺所から直送しているうどんは、さすがに旨い!の一言。カルピスバターを使った「釜玉うどん」や、写真の「釜玉明太子うどん」がおすすめメニューです。
夜は「うどん酒場」ということで、おつまみメニューが豊富に揃っています。昼夜どちらも訪れたくなる名店ですよ。

■『分讃岐うどん あ季 時譚(じたん)』
[住所]東京都墨田区錦糸1-10-17 小池ビル1階 
[TEL]03-6456-1556 
[営業時間]ランチは日曜日・祝日のみ:11時半~15時、夜は17時~24時(23時LO、日曜日・祝日:~21時半(21時LO)※ランチタイム有 
[休日]月曜日
[席]計20席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし 
[交通アクセス]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩4分

本格派のカレー

『ヴェヌス サウスインディアン ダイニング』

▲チキンウプカレー 1050円 オーダー率No.1!

メニューの豊富さに釘付け!
60種類を超える料理がB4程度の大きさにパウチされた紙にギューッと羅列され、なかなか衝撃的。
これまでスパイス信奉者から引きも切らない人気店を築き上げた経歴を持つシェフ・ヴェヌゴパール氏がホテルで高級料理を作らず敢えて家庭料理を作るのも魅力だ。

南インド料理が楽しめるこちらのお店では、ランチタイムには、3~4種類のカレーやビリヤニ(焼きめしのようなもの)のビュッフェが味わえます!近隣のサラリーマンたちに大人気でいつも満杯!
さらっとしたスープ状のカレーから、スパイシーなカレーまで、どれを食べてもおいしい!特に写真の「チキンウプカレー」は、スパイスを感じつつもマイルドな辛さで、おすすめです。
訪れるたびに色んなカレーに出会えるので、最低でも月1回は足を運びたくなりますよ。

■『ヴェヌス サウスインディアン ダイニング』
[住所]東京都墨田区錦糸2-6-11 
[TEL]03-6284-1711 
[営業時間]11時~14時半、17時~22時(21時半LO) ※ランチタイム有 
[休日]無不定休
[座席]テーブル席28席 計28席/全席禁煙/予約夜のみ可/カード不可/サなし 
[交通アクセス]JR総武線ほか錦糸町駅北口から徒歩3分

おしゃれにひとりランチ!

『喫茶 ニット』

▲ホットケーキ 750円

親子三代に40年選手のベテランスタッフが切り盛りするアットホームな純喫茶。
20分かけて焼く特厚ホットケーキは中までふわっ!分厚い2段重ねで、中までふわっと焼けている。ミルクセーキやオムレツ、かにぞうすいなど懐かしいメニューも豊富。

昭和のようなレトロな雰囲気が心地よい純喫茶がこちら♪ひとりでも気軽に入りやすいです。
おすすめのホットケーキは、分厚く、黄金色に輝いています。表面はカリカリで、中はしっとりふわふわ。落ちないようにホットケーキのてっぺんに楊枝で止められたバターと、氷糖蜜と呼ばれる透明のシロップをた~っぷりかけて食べると、やさしい甘さが口いっぱいに広がります。

カレーやピラフ、スパゲッティなど、喫茶店らしいメニューもたくさん揃っているので、甘党ではない方にも訪れてみてほしいお店です。

■『喫茶 ニット』
[住所]東京都墨田区江東橋4-26-12
[TEL]03-3631-3884
[営業時間]8時〜20時 ※ランチタイム有
[休日]日曜日
[座席]テーブル席全56席/全席喫煙可/予約応相談/カード不可/サなし
[アクセス]JR地下鉄半蔵門線・JR錦糸町駅南口から徒歩3分

おわりに

ここまでおすすめ情報をお届けしてきましたが、いかがでしたか?どのお店も美味しそうで、写真を見ているだけでお腹がへってきますね!
人気店は事前の予約をお忘れなく!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル