MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
真鯛らーめん 麺魚(ラーメン/錦糸町)|真鯛100%激旨濃厚スープがたまらない♪

真鯛らーめん 麺魚(ラーメン/錦糸町)|真鯛100%激旨濃厚スープがたまらない♪

真鯛ラーメンといえばココ的存在の有名店。真鯛の中骨を一度に100㎏以上贅沢に使ったスープには溢れんばかりの鯛の旨みが詰まっている。

真鯛らーめん 麺魚(最寄駅:錦糸町駅)

真鯛100%の激旨スープ 石臼引き全粒粉の中細麺 こだわりの具とすべて完璧

蕎麦を思わせる、石臼引き全粒粉のストレート中細麺を汁につけて食べれば、まず感じるのは圧倒的な鯛の旨み。そして、汁に入る炙った鯛のほぐし身の香ばしさが追いかけてきて、直球の美味しさに感動必至! さらに、桜チップで燻した豚肩ロースの薄切りチャーシューに特製の味玉、シャキシャキした小松菜など、具も選び抜かれた逸品ばかり。味のわかる大人にふさわしい、珠玉のつけ麺だ。

特製真鯛つけ麺
1050円

チャーシューには余計な脂身を落とした豚肩ロースを使用。真空低温調理で柔らかく仕上げ、桜チップで燻して風味をプラス。具は他に味玉、磯の香りがいい船橋三番瀬海苔、千葉県西船橋産の小松菜、柚子、ネギ。麺は約200g。〆に鯛のほぐし身をのせたご飯をスープに入れて雑炊風に食べるのがおすすめ(雑炊セットは200円追加)

濃厚真鯛らーめん
850円

濃厚な真鯛スープがヤミツキの旨さ

お店からの一言

店長 前田有人さん

「ワサビ、生姜、柚子胡椒山椒の薬味も無料で用意しております。お好みでどうぞ」

真鯛らーめん 麺魚の店舗情報

■『真鯛らーめん 麺魚』
[住所]東京都墨田区江東橋2-8-8 パークサイドマンション1階
[TEL]03-6659-9619
[営業時間]11時~21時 ※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]カウンターのみ、全16席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし
[アクセス]JR総武線錦糸町駅南口から徒歩6分


電話番号 03-6659-9619

撮影/西﨑進也 取材/松田有美

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt