MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

落合の豆腐屋『小野田豆腐店』

 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。

小野田豆腐店(最寄駅:落合駅)

輝く白肌の見目麗しい豆腐が揃う

石川県産「能登にがり」で寄せられ、濃厚で強い甘みの後に現れる、複雑な旨みが印象的な美味しさだ。「四代目」の絹と木綿以外は、時期や曜日などで大豆の種類を変えた豆腐が登場。訪れるたびに楽しみがあるので、折々の味を求めて通いたくなる1軒だ。

四代目絹
280円

大豆の深い香りが余韻を残すので、何もかけずそのままで十分旨い。元板前という経歴をもつ当代が自信をもって作る必食の豆腐だ

切り昆布やニンジン、ゴボウ、レンコンなど具材たっぷりの「ジャンボがんも」260円や先代女将が腕を振るう「卯の花」230円なども美味

豆乳
180円

大豆の味そのものが感じられる濃い豆乳

在来種使用よせ豆腐
370円※土限定

土曜限定の在来の青豆豆腐。この日は美しい緑色の栃木県産「加治屋在来」を使用。なめらかな舌触りとどっしりとした風味

小滝木綿、焼豆腐
230円、250円

この日の「小滝木綿」は北海道産の「トヨミヅキ」を使用。「焼き豆腐」は冬季のみ。他の時期は予約すれば購入可

お店からの一言

店主 小野田 滋さん

「豆腐作りってすごく楽しい。毎日が挑戦です」

小野田豆腐店の店舗情報

■『小野田豆腐店』
[住所]東京都中野区東中野5-25-6
[TEL]03-3371-8391
[営業時間]10時~19時半 ※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]地下鉄東西線落合駅3番出口から徒歩8分
※カード不可

電話番号 03-3371-8391
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
2018年7月オープン。自然食を扱う会社が京都で立ち上げたジェラテリアの東京初進出店で、すべて合成乳化剤・安定剤フリー。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt