MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
フレンチ酒場 ボンマルシェ(関内/フレンチ)

フレンチ酒場 ボンマルシェ(関内/フレンチ)

 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。

perm_media 《画像ギャラリー》フレンチ酒場 ボンマルシェ(関内/フレンチ)の画像をチェック! navigate_next

フレンチ酒場 ボンマルシェ(最寄駅:関内駅)

魚介類は横浜市中央卸売市場、野菜は鎌倉市農協連卸売場で直接仕入れているから、新鮮さに納得。料理に合うドリンクも多数揃え、ワインは自然派からお手頃なものまで約60種揃う。生産者に会い、思いを聞いているソムリエールにおすすめを尋ねてほしい。大きなコの字カウンターからはキッチンが一望。ライブ感も魅力だ。

肉盛り‼(甲州信玄どりのコンフィ、はまポークのポルケッタ、ビフテキ)
2138円

大迫力のひと皿。香草風味の「ポルケッタ」と、旨みが詰まった身と皮がパリッとした食感の「コンフィ」、名物の「ビフテキ」は炭火焼きでランプ肉の良質な赤身の美味しさが堪能できる

鮮魚のカルパッチョ、ズワイ蟹とアボカドのコンソメジュレがけ~カリフラワーのムースを乗せて~
1058円~、1274円

鮮魚は日替わりで、この日は愛媛県産真鯛と熊本県天草産の本マグロ。「コンソメジュレがけ」は、ズワイガニの甘み、アボカドの濃厚さ、コンソメの旨みを、やさしいカリフラワーのムースがまとめる

オードブル盛り合わせ※内容は一部日替わり
(2人前)2030円

旬の食材を使ったスープや素材の魅力を引き出す調理が光る。1人前(1015円)からオーダー可(右上から時計回りに、ポワローの冷製ポタージュスープ、岩手県宮古産柳ダコのトマト煮込み、蟹ミソとマスカルポーネのディップ、アンチョビマッシュポテト、フランス産鴨のスモーク、キャロットラペ、はまポークのロースハム、天城豚のパテ・ド・カンパーニュ)

お店からの一言

(左上から時計周りに)副料理長 正白耕二さんスタッフ 福田弘毅さん、店長&料理長 大村航介さん、ソムリエール 角津明菜さん

「ニースの街角にあるような陽気な酒場です」

フレンチ酒場 ボンマルシェの店舗情報

■『フレンチ酒場 ボンマルシェ』
[住所]神奈川県横浜市中区常盤町3-37 ブロードビル1st2階 
[TEL]045-664-9066 
[営業時間]火曜日~土曜日:17時~24時、金曜日:17時~翌1時、日曜日・祝日:16時~23時
[休日]月曜日(祝の場合は営業、翌火曜日が休み) 
[座席]カウンターあり、全27席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し324円別 
[アクセス]JR根岸線関内駅北口から徒歩1分

電話番号 045-664-9066
2018年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
これぞ懐深き下町のフレンチ! と声高らかに言わせてください。腕を振るうのはその道43年のシェフの須藤さん、ソムリエは気さくな接客の篠田さん。
ひと口いただけば「実直」という言葉が浮かんでくる料理の数々は、素材が持つ味を生かしつつ、一つひとつ丁寧に手作りされている。自宅でこの上質な味を楽しめると好評なため、テイクアウトはしばらく続ける予定。
オープンキッチンの小粋なフレンチバール。サラダやマリネのタパスから、パテやテリーヌの前菜、コンフィやローストのメインまで、正統派フレンチが楽しめる。
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル