MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
丸和(とんかつ/関内)のグルメ取材記事と写真

丸和(とんかつ/関内)のグルメ取材記事と写真

丸和 (まるわ)は横浜で暖簾を掲げて20年余り、今も行列が絶えないとんかつ実力店。肉質が緻密で柔らかく、クセがない千葉県の林SPF豚を、高温のラードでカラリと揚げている。[交]みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩3分、JR根岸線関内駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有

丸和(最寄駅:馬車道駅)

きつね色の衣×ロゼ色の赤身の妙技

きつね色の衣は一見ワイルドな揚がりだが、イギリスパンで作る生パン粉のおかげで優しい口当たりを実現。肉は淡いロゼ色でジューシーな仕上がりだ。その醍醐味を味わうなら、ぜひ「ロースかつ定食」を試したい。肩に近いサシの入った部位を使っており、厚さは3㎝以上。極厚ながら噛めば驚くほど柔らかく、職人技を実感できる。

ロースかつ定食
1900円(夜2200円)

豚1頭から8枚程しかとれない部位を使うため、数量限定。開店10分で売り切れることもある。300gの特大ロースは油から上げたら約30秒蒸らし、余熱で火を通すのが肝だ。岩塩やオリジナルブレンドのソースでいただこう。農家から直送の山形県産「はえぬき」を使用したご飯、ロースの切り落としが入る豚汁、お新香付き

特選カキフライ定食
2300円

三陸産のカキは目を見張る大きさ。香ばしく色づいた衣を噛みしめると、濃厚なコクと瑞々しい甘みが押し寄せる。2016年1月末頃までの限定メニューとなっている

丸和の店舗情報

■『丸和』
[住所]神奈川県横浜市中区住吉町5-61
[TEL]045-641-0640
[営業時間]11時半~14時、17時半~20時、土曜日:11時半~14時
[休日]日曜日、祝日
[座席]カウンター9席、テーブル4席×3卓、小上がりテーブル4席×1卓 計25席/昼のみ全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし
[アクセス]みなとみらい線馬車道駅5番出口から徒歩3分、JR根岸線関内駅北口から徒歩5分

電話番号 045-641-0640
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
139views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt