MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
横浜元町の人気ランチは満席次第終了の大人気スペシャリテ!

横浜元町の人気ランチは満席次第終了の大人気スペシャリテ!

 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

Rio's Buongstaio(最寄駅:元町・中華街駅)

むっちりとした独特の食感と小麦の風味が高い極上のパスタだ。Aランチはスペシャリテのアマトリチャーナか2種の手打ちパスタを選択。旬を味わえる有機野菜のスープは2カ月ごとに素材が変更される。昼は満席になり次第終了。

(昼)Aコース(平日のみ)
2000円

Aコース:トロフィエタコラグーのジェニベーゼソース、本日の前菜4種盛り、本日の日替わりサラダ、千葉県産有機人参のズッパクミン風味のクルトン、本日のドルチェ、エスプレッソコーヒー
ランチでも食材の一つひとつが持つ多彩な味わいを楽しめる。

Bコースは、アマトリチャーナ(ランチ)のほか、2種のパスタから選択。その他、アクアパッツァと肉料理、フォアグラ&フルーツ付きで3500円

ブカティーニのアマトリチャーナ
1500円

トマトソースは甘みと酸味のバランスが秀逸

ポルケッタ ノルチャ風ペペロナータ添え
(100g)1000円

皮付きでパリパリに仕上げられる

ローマ風前菜の盛り合わせ※内容は日替わり
(2人前)2400円

この日はとろりとしたコッパ(豚の煮こごり)や、モッツァレラの中にクリーム状のチーズが包まれた、まろやかな口あたりのブッラータチーズなどがのる。1人前(1200円)から注文できるのもうれしい(右から時計周りで、有機野菜のマリネ、有機野菜のカポナータ、イワシのマリネ、コッパロマーナ、生ハム、パンチェッタ、ブッラータチーズ、キノコのマリネ)

お店からの一言

オーナーシェフ 渡部竜太郎さん

「多くの文化が融合したローマ料理をぜひ」

Rio's Buongstaioの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区元町1-23-1 リバーサイド元町1階 [TEL]045-222-6101 [営業時間]12時~15時(14時LO)、17時半~22時半(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日、第1・3月(5月は15日、21日休) [席]全18席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、席料300円別 [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅5番出口から徒歩4分

電話番号 045-222-6101
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
200余年の歴史を誇るフィレンツェの名店『マキャベリ』。その名を冠した日本唯一の支店だ。
最新記事
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
店主は、大行列のつけめん専門店『六厘舎』を長きにわたって支えた功労者。2016年に埼玉県三郷市で開業した店舗を北千住に移し、自慢のつけめんをさらにブラッシュアップさせた。
丼の中に佇むのは、麺とスープ、そしてネギ。いたってシンプルな構成ながら、そこにはこだわり抜き、手間暇かけて作り上げたという自信が潜む。潔き“素ラーメン”こそ、ラーメンの美味しさを堪能させる究極のスタイルなのだ!
その名も「貴族」「平民」と名付けられたカツレツ。前者は香味ある高級イベリコ豚、後者はあっさりしたドイツ産白豚。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル