MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(87) 吉祥寺の地元カフェ難民を救済。でもカップル救済は微妙な店の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(87) 吉祥寺の地元カフェ難民を救済。でもカップル救済は微妙な店の件

2018年の11月に、吉祥寺パルコ内に吉祥寺で6軒目のスタバができました。 スタバがいくら増えても吉祥寺のカフェ難民は救済できません。歩き疲れたらカフェでひと休みしたいっていうのが普通の人間の感覚だと思うのですが、吉祥寺ってそんな普通の欲求を満たすのが難しいくらいに、カフェは激混みなんですよ……。

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(87) 吉祥寺の地元カフェ難民を救済。でもカップル救済は微妙な店の件の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺の地元カフェ難民を救済。でもカップル救済は微妙な店の件


2018年の11月に、吉祥寺パルコ内に吉祥寺で6軒目のスタバができて、ちょっと絶望感に襲われたおっさん女子です。

ちなみに、2018年の夏の終わりに地下2階にあったパルコブックセンターが閉店しました。

その後には映画館、アップリンクができたワケなんですが……。

2018年夏で、私の中でパルコ吉祥寺は終わった(涙)。

しかも斜陽産業のあとに、さらに斜陽産業の上書き……という感じが泣けてきます。


話は戻って、スタバです。

スタバがいくら増えても吉祥寺のカフェ難民は救済できません(連載01回参照)。

吉祥寺は人が多いし、歩き疲れたら、カフェでひと休みしたいっていうのが普通の人間の感覚だと思うのですが、吉祥寺ってそんな普通の欲求を満たすのが難しいくらいに、カフェは激混みなんですよ。

しかーし!

6軒目のスタバができるちょっと前、9月ごろに、なんとスーパーの西友の1Fにオシャレカフェ&バー『N』がオープンしたんです。

ちなみにその前にはファミリー向けの脱力系洋食パーラーが入っていましたが……。

まあ、あれはあれで必要だと思ってたけどね、入ったことはないけど。

イラスト/スタジヲワンツー


その跡地にオシャレ系ですよ! 

ワインバーがメインのような店の作りですが、コーヒー&お茶系だけでもOK! 

正直、平日の昼間はほどよく空いていて、土日祝も時間によっては比較的余裕で座れるような状況です(関係者の方、気に障ったらごめんね)。

だって、わざわざ吉祥寺まで来て、西友に入んないって! 

特に若い女子&カップルは入んないよっ! 

というワケで、地元民天国の超穴場カフェなんですよ。

ホットコーヒーは、レギュラーサイズで399円(税込)。

1杯1杯、オーダーを受けてから豆を挽いてのネルドリップだ! 

しかもマグカップで出てくるので、量もたっぷりです。

最高だ! 


実は、このカフェ&バーは、食べ物の持ち込みOKなんです。

西友で買ったお惣菜でも、他のお店で買ったものもOK。

デリバリーのピザを頼んでもいいらしいよ。

ちなみにカトラリー類も用途に応じてキチンと用意してあって、電子レンジや、お湯もあるという充実ぶり。

たぶん、食べ物は持ち込みだけど、豊富なワイン類をお手ごろ価格で楽しんでほしいっていうコンセプトのような気がするんですけど……。

これ、前にニュースで見た気がするスーパー内に体験型レストランがあって、スーパーで売っている食材をその場で調理してもらうという、テイクアウトやイートインの先を行く、グローサラントっていう業態……。

しかし『N』は、さらに先を行ってるんじゃないの? と思ったおっさん女子。

いや、正直、先なのか後なのか不明ですけど……。

とにかく、新しい業態であることは間違いない。

吉祥寺ではおそらく初めての業態だよね。

おっさん女子が目撃した、穴場カフェ&バー使いこなしの実態は!?


実際におっさん女子が、その業態をフルに活用している人を初めて目撃したのは、師走の平日、お昼ど真ん中の時間帯であった……。

3人の中年女子が、他所のお店で買ってきたお惣菜をテーブルにドーン! 

しかも、中華系惣菜というコンセプトらしく、エビチリ、シューマイ、チンジャオロースを次々とお店のレンジでチン! 

さらに、カップのワンタンスープにお湯を注ぐ! 

そしてカバンの中からタッパーに入ったお手製惣菜を出す!  

そして「ヤダッ、すごい豪華~~!」と嬉しそう……。

補足ですけど、この店はテーブルが広いんで、総菜が数種類ドーンと並んでもOKなのよ(笑)。

えーっと、この店は、内装なんかはナチュラル&シンプルでオシャレなカフェ&バーなんですけど……。

店内のプロジェクターでは、オシャレ映画が流されている……。
 
ちなみにお店のスタッフさんが、中年女子3人の豪華なランチパーティを見た瞬間に、「来た! 来た! こういう使い方してほしいんだよ! まさにドストライク!」と言わんばかりに、中年女子3人にめっちゃ親切! 

「必要なものがあったら言ってくださいね!」

「沸かしたてのお湯もありますよ♪」

「取り皿をお持ちしましょうか?」

などなど、甲斐甲斐しくお世話をしていました。


コーヒー1杯でまったりとしている私には見せない、笑顔&親切&おもてなしを炸裂(あくまで個人の感想です)。

ちなみに中年女子は3人ともソフトドリンクを頼んでいたので3人で1200円(税込)くらいだよね。

ここのソフトドリンクは安いからさー。


私はザックリした性格なので、あまり気にしませんが、シューマイをレンジで温めると店中シュウマイの香りが充満します……。

新幹線の車中でおなじみの現象が、オシャレなカフェ&バーで再現! 

まあ、そもそもここは西友(笑)。

いいと思います(断言)。


しかし、この店は、地元のカフェ難民は救うけど、カップルはたぶん救済しないな! と思ったおっさん女子(笑)。

使い方によっては、ファミリーも救うかもしれないけどさ。

Wi-Fi飛んでるし、カウンター席には電源あって、パソコン仕事にも向いてますけど、ここでパソコン作業をしている人を、私はまだ数人しか目撃していません。

私はこの店が気に入っているので、地元民天国の穴場カフェとして、コーヒー1杯で利用しつづける所存です。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル