MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ハミングバードコーヒー(珈琲店/学芸大学)

ハミングバードコーヒー(珈琲店/学芸大学)

照明を抑えた店内には、静かで非日常な時間が流れている。寄り添ってくれるのは、優しく耳に届く音楽と季節の花、そしてコーヒー。

perm_media 《画像ギャラリー》ハミングバードコーヒー(珈琲店/学芸大学)の画像をチェック! navigate_next

ハミングバードコーヒー(最寄駅:学芸大学駅)

 ペーパードリップによる抽出は実に繊細で、吉村さんの感覚によってコーヒーがチューニングされているかのよう。ドリッパーを使い分けるだけでなく、湯温や豆の分量、抽出スピードにも変化を持たせている。柔らかな輪郭の奥から複雑な味わいが顔を覗かせるコーヒーだ。
 ブレンドは2種。ビターブレンドは北海道の『喫茶室 豆灯』、ミドルブレンドは兵庫の『ハンモックカフェ』の焙煎である。どちらも、意見交換を繰り返し完成した、ここでしか飲むことのできない味だ。シングルオリジンはマンデリン、グアテマラなど全5~7種。ブレンドよりも濃度を抑え、香味と産地のキャラクターをクリアに感じさせてくれる。オープンは昼下がり、クローズは深夜。路地奥にある、その佇まいもまた魅力的だ。

ビターブレンド
550円

初めに感じるのは甘み。ビターなテイストはゆっくり訪れる

アイスコーヒー
650円

昔ながらの喫茶店の味を想わせる心地よい苦み。1杯点ての急冷式

ミドルブレンド、自家製チョコレートケーキ
550円、500円

柔らかな口当たりと上品な酸味が、甘く濃厚なケーキと幸せな調和を見せる

お店で提供しているブレンド2種を販売。「ミドルブレンド」100g/756円~、「ビターブレンド」100g/756円~

お店からの一言

店主 吉村 健さん

「好みの味わいがあればお伝え下さい」

ハミングバードコーヒーの店舗情報

[住所]東京都目黒区鷹番2-15-22 鎌倉荘102 [TEL]03-6451-0455 [営業時間]月~水、金15時~19時、20時~24時(23時半LO)、土・日13時~23時(22時半LO) [休日]木 [席]カウンターあり、全13席/全席禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]東急東横線学芸大学駅東口から徒歩5分


電話番号 03-6451-0455

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル