MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
焼鳥 味道(焼き鳥・鶏料理/馬喰町)

焼鳥 味道(焼き鳥・鶏料理/馬喰町)

筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。

perm_media 《画像ギャラリー》焼鳥 味道(焼き鳥・鶏料理/馬喰町)の画像をチェック! navigate_next

焼鳥 味道(最寄駅:東日本橋駅)

かといって硬いわけではなく、むしろ噛むうちにコク深い旨みが口中にあふれてきて、もっともっとと欲してしまうのだ。野菜やチーズなども、産地を巡り素材を厳選。産直食材をメインに、昔ながらの製法で作られた調味料や塩などを使い、ひと手間かけつつも極力シンプルな味付けで提供される。やはり蔵を巡って揃えた酒の燗と合わせれば、たちまち旨さのループにハマるはずだ。

焼鳥コース(焼鳥5本(梅焼き<胸>、レバー、皮身、砂肝、ねぎま)、野菜1本(あづまこべに)、焼きチーズ)
3240円

紀州備長炭で焼かれた串。梅焼きにのるのは、樹上完熟した梅で作った自家製梅醤。コースでは焼鳥、野菜、前菜の内容は基本的に日替わり

右から、自家製ガリ入りもずく酢、鶏出汁の玉子焼き、ナスの田舎煮、ほうれん草の油揚げ巻き、アボカド 自家製なめ茸かけ、熊野地鶏の手羽煮こごり
 

コースの前菜。濃密でなめらかな「レバーペースト」は酒を呼ぶ味わい。前菜やスープは店主夫妻の実直で温かな人柄がにじみ出るやさしい味付け

地鶏スパイスキーマ
864円

玉ネギの甘みのあとに辛さがくる、トマトベースのキーマカレー

料理と最高にマッチする純米酒

お店からの一言

店主 長尾周三さん、千広さん

「熊野地鶏をより美味しく出すため発展途上中です!」

焼鳥 味道の店舗情報

[住所]東京都中央区東日本橋2-9-
4 [TEL]03-3865-2366 [営業時間]17時半~22時LO [休日]日、不定休 [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通しなし [交通アクセス]地下鉄都営浅草線東日本橋駅B3出口から徒歩3分


電話番号 03-3865-2366

2018年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル