MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
田中屋|肉厚ながらも脂身を削ぎ落とした凛とした姿の下町とんかつ(とんかつ/千住大橋)

田中屋|肉厚ながらも脂身を削ぎ落とした凛とした姿の下町とんかつ(とんかつ/千住大橋)

店名に付く冠が“とんかつと魚河岸料理”。ちょっと不思議な取り合わせの理由は、「戦後、魚介が手に入りにくい時に、代わりにとんかつを出したのが始まり」と若主人。田中屋[交]京成本線千住大橋駅より徒歩30秒

田中屋(最寄駅:千住大橋駅)

当時のままの作り方で供されるとんかつは、厚さ約2.5cmとボリューミーだが、酒との相性を高める意味で脂身が切り落とされ、正肉の四角い切り身がきれいに並ぶ姿はどこか気品すら感じさせる。肉厚な身はしっとり滑らかな食感で、肉の旨みも衣の油気もじつに程よいあんばい。脂身がないことで重たさがない分、たしかにすいすいと酒盃が進む。酸の効いた地酒とともにじっくり味わいたい。

とんかつ
1260円

たっぷりの千切りキャベツや、まろやかな味わいのポテトサラダが添えられた、約70年近くその姿や味わいを変えない名物のとんかつ。訪れた誰もが〆にこのとんかつを味わうのだとか(持ち帰りもOK)

旬の刺身の盛り合わせ
2600円

魚河岸料理と謳うだけに、新鮮な旬の魚介料理も売り。釣りの上物も盛り込む

田中屋

[住所]東京都足立区千住橋戸町13 [TEL]03-3882-2200 [営業時間]17時~22時 [休日]日 [座席]カウンター11席、座敷51席、計62席/喫煙可/カード不可/サなし [アクセス]京成本線千住大橋駅より徒歩30秒

電話番号 03-3882-2200
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
焼酎とワインは一切無しの日本酒に的を絞った居酒屋だ。爽酒、薫酒、醇酒、熟成酒とタイプ別に揃えた銘柄が約40種。
ステイホーム期間中に限らず、おっさん女子的に、三鷹周辺は“おにぎりの街”だと思っています。おにぎりといえば、テイクアウトグルメの王道。 私が白飯至上主義なのもありますが、いい機会なので、三鷹のおにぎりの店を皆さんに覚えてほしいです……。
名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』。 昭和初期の建物をリノベーションした、都心とは思えない落ち着いた雰囲気の中で食事が楽しめる。 この神楽家も、GW前から店の前で「ドライブ&ウォーク・スルー」というスタイルでランチボックスを販売。早くもリピーターが続出しているという。
パスワードを入れるタイプのWi-Fiなので、高い安全性がうれしい。コンセントは5席あるカウンターにあり、タイミングによっては高い競争率になることも。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt