MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
田中屋|肉厚ながらも脂身を削ぎ落とした凛とした姿の下町とんかつ(とんかつ/千住大橋)

田中屋|肉厚ながらも脂身を削ぎ落とした凛とした姿の下町とんかつ(とんかつ/千住大橋)

店名に付く冠が“とんかつと魚河岸料理”。ちょっと不思議な取り合わせの理由は、「戦後、魚介が手に入りにくい時に、代わりにとんかつを出したのが始まり」と若主人。田中屋[交]京成本線千住大橋駅より徒歩30秒

田中屋(最寄駅:千住大橋駅)

当時のままの作り方で供されるとんかつは、厚さ約2.5cmとボリューミーだが、酒との相性を高める意味で脂身が切り落とされ、正肉の四角い切り身がきれいに並ぶ姿はどこか気品すら感じさせる。肉厚な身はしっとり滑らかな食感で、肉の旨みも衣の油気もじつに程よいあんばい。脂身がないことで重たさがない分、たしかにすいすいと酒盃が進む。酸の効いた地酒とともにじっくり味わいたい。

とんかつ
1260円

たっぷりの千切りキャベツや、まろやかな味わいのポテトサラダが添えられた、約70年近くその姿や味わいを変えない名物のとんかつ。訪れた誰もが〆にこのとんかつを味わうのだとか(持ち帰りもOK)

旬の刺身の盛り合わせ
2600円

魚河岸料理と謳うだけに、新鮮な旬の魚介料理も売り。釣りの上物も盛り込む

田中屋

[住所]東京都足立区千住橋戸町13 [TEL]03-3882-2200 [営業時間]17時~22時 [休日]日 [座席]カウンター11席、座敷51席、計62席/喫煙可/カード不可/サなし [アクセス]京成本線千住大橋駅より徒歩30秒

電話番号 03-3882-2200
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2018年9月、うれしいニュースに街がわいた。あの『逸業』が半年ぶりに復活!。
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
2646views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt