MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
デジーノ(フレンチ/神楽坂)

デジーノ(フレンチ/神楽坂)

神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。

デジーノ(最寄駅:神楽坂駅)

季節感溢れる本格派のフレンチを最高のサービスで

例えば、アミューズで選べるスペシャリテのオマールエキスと甲殻類マリネの組み合わせ自体は定番なのだが、カクテルグラスで層を見せ、混ざり合ったときの味や食感の変化にわくわくさせられる。メインディッシュも、和牛ほほ肉の赤ワイン煮という正統なフレンチだが、ラタトゥイユや赤ワインのソースで、夏向きに軽くさっぱりと仕上げられているのも心憎い。さらに、リーズナブルな値段なのに、上質だけど堅苦しくないサービスがプロフェッショナルで、コストパフォーマンスの高さは圧巻だ。

コース「イグニス」
3540円※税別

柔らかく煮込んだ和牛ホホ肉のペルシャードトマトフォンデュと赤ワインソース:上部の香草を合わせたパン粉のペルシャードは、南仏の香りをイメージ

3種の季節野菜の3点盛り、冷製のフラン
 

3種の野菜は、ローズマリーのシロップでマリネしたトマトを飴でコーティングしたものやトウモロコシの塩味のケーキなど。洋風の茶碗蒸しのような冷製のフランは、アミューズの前に小さな一品として供される

マスカルポーネ・ヨーグルト・バナナのセミフレッドキウイのソースコーヒー、小菓子
 

一見、濃厚そうだが、マルカルポーネやキウイ、ライムなどが利いてさっぱり。デザートの後にプティフル(小菓子)も

オマールエキスと甲殻類マリネ根セロリのムースとコンソメジュレ
 

食べ進むうちに、エビやカニがごろごろ出てくる

お店からの一言

シェフ 金田賢二郎さん

「料理とワインをリラックスして楽しんでください」

デジーノの店舗情報

[住所]東京都新宿区矢来町61 日東商事ビル1階 [TEL]03-5261-8210 [営業時間]11時半~14時半(13時半LO)、18時~22時半(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]火曜日(祝日の場合、翌日休み) [座席]個室あり 全24席/全席禁煙/カード可/予約可/昼はサ5% 夜はサ10% [アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口から徒歩2分


電話番号 03-5261-8210

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
ワインでお肉。言うまでもなくシアワセな組み合わせだが、それをリーズナブルに満喫してもらいたいという明快さがいい。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
227views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt