MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
神楽坂 ヴェーリ(イタリアン/神楽坂)|裏路地に佇む一軒家レストラン☆記念日や特別な日にぴったり♪

神楽坂 ヴェーリ(イタリアン/神楽坂)|裏路地に佇む一軒家レストラン☆記念日や特別な日にぴったり♪

「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。

神楽坂 ヴェーリ(最寄駅:神楽坂駅)

調理法に、サービスに店主のおもてなしが散りばめられたコース

メインの肉は炭火でじっくり。料理は端正で洗練された印象だが、香ばしい香りや、肉汁を湛えた塊肉の旨さなど、五感を突くダイナミズムが散りばめられている。『エノテカラウラ』を『ヴェーリ』として移転リニューアルして早5年。創業時はソムリエとしてフロアに立っていた馬場さんだが、現在、ひとりで厨房を切り盛り。だからランチは休日限定。料理人、ソムリエとしてイタリアで10年を過ごした馬場さんの下に集まる客はコアなイタリア料理好きが多かったが、今や神楽坂を食べ歩く旨いもの好きにも人気急上昇中だ。

ランチコース
4104円

モンゴウイカと枝豆のラグー フェデリーニ:食感を残した枝豆と青唐辛子の辛みがアクセント。冷やしたロゼがよく合う。フォカッチャは北海道産小麦を使った焼きたて

本マスのマリネ、スイカのガスパチョ
 

前菜の本マスのマリネはアニスの香りを忍ばせ、ラヴィコットソースを添えて。アミューズのスイカのガスパチョは、凍る手前の冷たさ。卓上でフレッシュのパッションフルーツジュースを加え仕上げる

せせらぎポーク肩ロースの炭火焼き
 

炭火焼きならではの芳しさと、肉質細やかな豚の繊細さを併せ持つ

本日のデザートパンナコッタ クラッシカ
 

ゼラチンを使わないパンナコッタはどこか懐かしい味

お店からの一言

オーナーシェフ 馬場正人さん

「700種以上揃うイタリアワインとお楽しみ下さい」

神楽坂 ヴェーリの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂6-24 [TEL]03-6280-7764 [営業時間]12時~13時(LO)、18時~21時半(LO)※ランチタイム有 [休日]月(祝日は営業、翌日に振り替え) [席]テーブル12席、個室6席 全18席/全席禁煙/カード可(昼は10000円~)/要予約/コペルト代として昼300円 夜800円(※個室使用時はサ10%) [交通アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅1番出口から徒歩2分


電話番号 03-6280-7764

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
スイーツ好きにとって垂涎の的である名パティスリー。ガトーフレーズの外見はまさに王道だが、シンプルだからこそ、オーナーシェフ・和泉光一さんのこだわりを体感できる。
毎朝りんごの皮むきから丁寧に仕込まれるそれは、りんごの命を享受するような豊かな風味の逸品!
カウンター酒場の名物なら煮込みがテッパンだ。この店のそれは串スタイル。
名物の「づけあなちらし」は、マグロのヅケとふっくら炊かれた穴子が豪快にのったちらし。驚くのがシャリの下に、エビ、イカ、サーモン、イクラ、数の子など数々の具材が隠されていること。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt