MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
餃子館(中華料理/八幡山)

餃子館(中華料理/八幡山)

壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。

perm_media 《画像ギャラリー》餃子館(中華料理/八幡山)の画像をチェック! navigate_next

餃子館(最寄駅:八幡山駅)

全種制覇したくなる餃子好きのパラダイス!

中国東北地方の味が基本だそうで、豚挽き肉に加えるそれらメインの野菜によって印象が全く違うんだからお見事としか言いようがない。全品制覇が賢明だ。定番の焼きは4種。皮から緑がうっすら透けるほどたっぷり入ったニラ玉は噛むほどに香りが口中を席巻するし、大根は肉汁をその体に吸い込んだ旨みの相乗効果で実に滋味深い。素材を生かすため毎日微妙に配合を調整し、注文に応じて皮を延ばし包んで焼くという調理を巧みにこなす店主の須藤夫妻の連携プレーも必見だ。行列覚悟で出掛けたい。

ニラ玉餃子
430円

ニラと卵の風味がいいバランス。味がしっかり付いているのでそのままでも旨いが、好みでニンニク醤油などを付けて

大根餃子
430円

豚バラ肉を使用した挽き肉と粗みじんにした大根が入る。肉の旨みが大根にしみて旨い

自家製おつまみチャーシュー
550円

継ぎ足しのタレで仕込むチャーシューも絶品

しそ水餃子、春菊水餃子
430円、430円

水餃子の皮はもっちりとした食感になるよう焼きの皮と練り方を変えている

お店からの一言

店主 須藤明さん

「皮も餡も手作り。素材を生かすよう仕込んでいます」

餃子館の店舗情報

[住所]東京都世田谷区上北沢4-29-19 [TEL]090-2446-0229 [営業時間]18時半~翌1時(早じまいあり) [休日]月曜日、第1・3火曜日 [座席]カウンターのみ、全14席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし/[交通アクセス]京王線八幡山駅から徒歩4分


電話番号 090-2446-0229

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル