MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
下北グレイヴィ餃子(中華料理/下北沢)|餃子は約8種類!どのメニューもボリューム満点!

下北グレイヴィ餃子(中華料理/下北沢)|餃子は約8種類!どのメニューもボリューム満点!

 品書きを見て頭を抱える。餃子は日替りを含めると7~8種類。

下北グレイヴィ餃子(最寄駅:下北沢駅)

餃子酒場の誘惑この豊富さ、悩ましすぎる!

焼餃子に水餃子、パクチー餃子やチリマヨ餃子なんて変化球も。チャーハンはなんと10種類。……選べない! 店主の岡さんは大手中華料理グループのエースとして15年働いた後、2016年に独立。「僕自身が餃子が大好きなので。やるなら餃子が主役の店と決めていました」。まずはコレを、とおすすめされた「肉汁焼餃子」。もっちり厚めの特注生地で包むのは、鶏豚ガラスープを含ませたジューシーな餡。頬張るとまるで、小籠包のごとく肉汁がジュワッ! チャーハンは悩みぬいた上で「豚ホウレンソウ」を選ぶ。運ばれてきたのは「大盛り注文してないんですが?」といいたくなる量だが、これが普通盛だ。箸で餃子にかぶりつき、もう片方の手のレンゲでチャーハンをハフハフ。二刀流で心ゆくまでがっつきたい。

豚ホウレンソウチャーハン、肉汁餃子、麻辣タレ餃子
880円、(6個)480円、(6個)580円

どのメニューもボリューム満点。「僕がよく食べるので。盛りがさみしいのはイヤ(笑)」と岡さん。チャーハンに使うホウレンソウは生とペーストの両方。醤油ダレで煮た豚バラもたっぷり。写真の上は麻辣タレ餃子。白菜多めのジューシーな水餃子を、豆板醤や豆鼓、ピーナッツやニンニクで作る特製ダレでいただく

麻婆豆腐(赤)
780円

厳選した豆板醤と花椒が、極上のシビ辛の礎。四川省の漬物「ヤーツァイ」が味のアクセントに

黒ゴマブラックチャーハン
880円

黒の正体は中国醤油。日本のたまり醤油に似ているが、味わいはマイルドで奥深い

お店からの一言

店主 岡 一聖さん、理子さん

「紹興酒からスッポン酒までお酒も豊富です」

下北グレイヴィ餃子の店舗情報

[住所]東京都世田谷区北沢3-30-2 [TEL]03-3466-1422 [営業時間]18時~24時(23時半LO)  [休日]火 [席]カウンターあり、全36席/喫煙可/予約可/カード可/サ、お通し代なし [交通アクセス]京王井の頭線ほか下北沢駅北口から徒歩4分


電話番号 03-3466-1422

撮影/鵜澤昭彦 取材/林 匠子

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
やって来ました横浜中華街。数多の選択肢がひしめく中で、悩んだらいつも入ってしまうのがこの店。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
世界各国で人気を博す、香港の点心専門店による日本1号店。「ホテルクオリティの味をもっとカジュアルに」を掲げ、厨房でイチから作る点心はできたての提供を徹底。
由比ヶ浜駅と一体化しているディープな中華料理店。地域密着の家庭的な店だが、約20種揃う点心をはじめ、スペアリブのトーチ蒸しや漢方食材入りの薬膳火鍋など、本格中華が手頃に味わえる。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt